「小鮒康一」の記事一覧

「小鮒康一」による記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「50万円以上の純金キー」がオプション! 贅沢にもほどがあるバブル期の高級「セダン」3選

バブル期らしいエピソードをもつモデルも バブル景気に沸いた1990年前後は、クルマにおいても潤沢な開発予算によってクラスを超えた完成度を持った車両も多く生まれ、現在でも語り継がれる名車も多く登場した時代だった。そこで今回...

続きを読む...

陸上自衛隊向けに開発! 和製ハマーと呼ばれたトヨタ「メガクルーザー」とは

陸上自衛隊の人員輸送車として開発された SUVブーム全盛の現在においても、なかなか街中では見かける機会のないモデル、それがトヨタ メガクルーザーではないだろうか。 メガクルーザーは1996年1月に販売を開始しているが、元...

続きを読む...

新型が出た今こそ中古トヨタ「クラウン」に注目! 「らしさ」を味わえる狙い目モデルをお教えします

今のうちに乗っておきたい、クラウンらしいクラウンとは いよいよ販売がスタートし、試乗記なども続々届いているトヨタの新型「クラウン クロスオーバー」。今までのクラウンのイメージを一変させるクロスオーバースタイルや、横置きエ…

続きを読む...

    「シビックタイプR」並の加速! トヨタ「ブレイドマスター」がスゴイのに残念だったポイントとは?

    コンパクトカーにまさかの3.5Lエンジン搭載 トヨタのクルマは退屈なものが多い、と訳知り顔で語るクルママニアは少なくない。そんなトヨタが1.5Lクラスの車両に3.5Lエンジンをブチ込むという、オートサロンに展示されるカス...

    続きを読む...

    海外で秘かにヒットした国産クロスオーバーSUVがあった! 「スカイラインクロスオーバー」に「SX-4」を覚えてますか?

    海外では高い評価を受けたモデルを紹介 日本ではイマイチ販売台数が伸びなかった車種や、気づけば不人気車種となってしまったモデルのなかにも、海外ではかなりの大ヒットであったり人気を博したモデルというのが存在する。 これこそ…

    続きを読む...

    走り屋は「S13」「AE86」「FC」という型式で通じ合っていた! イジくり倒して遊んでいたバルブ期のスポーツカー5選

    走り屋に愛されたスポーツモデル 高額な値段で取引されることも珍しくなくなってきた1980~1990年代のスポーツカーたち。しかし、1990年代の現役当時は手ごろに入手することができて遊び倒すことができる貴重な「オモチャ」...

    続きを読む...

    スーパーカーの代名詞「リトラクタブルヘッドライト」を採用した「カローラ」や「ファミリア」がむしろカッコ悪くなった理由とは?

    空力を重視するために生み出された 1980年代を中心に巻き起こったリトラクタブルヘッドライトブーム。元々はライトを点灯させていない状態での空気抵抗を減らすために考案されたものであり、スーパーカーを中心に採用されたことがブ...

    続きを読む...

    1 / 2112345...»