「遠藤イヅル」の記事一覧

「遠藤イヅル」による記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「XYVYX」ってなんて読むの? いくらなんでも奇抜過ぎた「国産不人気車」5選

この記事をまとめると■豪華コラボで誕生するも大ヒットしなかったモデルも■時代を先取りしすぎたのかも……■輸入車を日本のメーカーがノックダウン生産した車種も気が付いたら手が届かない価格に…… 数え切れないほどの種類があるク...

続きを読む...

ワゴンが下火だからこそ逆張り! いま乗れば目立ち度最高の80〜90年代輸入ステーションワゴン5選

いま欲しい1980〜90年代の輸入ステーションワゴン かつてクルマ販売の中心はセダンやハッチバックだったが、現在はすっかりミニバンやSUVが主流に。その結果、セダンだけでなく一斉を風靡したステーションワゴンすら車種が激減...

続きを読む...

20〜30年落ちなのに新車超えの中古価格! 買っときゃよかった「90年代国産車」5台

気が付いたら手が届かない価格に…… 中古車の中には、年式相応・程度相応で順当に価格が下がっていく車種、クルマの性能や装備を考えると不当に安く感じる車種、そして思った以上に価格が高騰している車種がある。 なかでもスポーツカ.…

続きを読む...

意外すぎる巨匠の作品! 「ジウジアーロ感」のない「ジウジアーロデザイン」の日本車5選

意外に多いジウジアーロが手がけた日本車 数多くの名デザインを世に送り出してきた天才デザイナー、ジョルジョット・ジウジアーロ氏。アルファロメオ・ジュリアスプリントGT、マセラティ・ギブリ、同メラク、デ・トマソ・マングスタ、.…

続きを読む...

見た目はただの「セダン」中身は正真正銘「F1マシン」! アルファロメオ164プロカーという幻の衝撃作

市販車のイメージを残したレーシングカーは今も昔も大人気 レーシングカーにはいろいろなジャンルがあるが、市販車のイメージを残したレーシングカーが一番好み、という人も多いだろう。それらのレーシングカーは、さらにいろいろなカ…

続きを読む...

素人には絶対開けられない! 「顔面開閉」に「逆シザーズ」など奇天烈ドアのクルマ3選

ガルウイングドアやシザードア以外にも「変な開き方をするドア」がある「変なドアの開き方」と聞いて真っ先に思い出すのは「ランボルギーニ・カウンタック」や国産車なら「トヨタ・セラ」、古くは「メルセデス・ベンツ300SL」などの...

続きを読む...

クルマが気になって物語が入ってこない! ドラマ&映画の「存在感ありすぎ」の登場車5選

「重要な枠割」を担うクルマばかりに目が奪われる!? 国内外問わず、TVドラマや映画には、しばしば強烈な印象のクルマが登場する。例をあげると「西部警察」「ナイトライダー」などがそれにあたる。これらの作品では、もはや「クルマ...

続きを読む...

「ケンメリ」「ポルシェ」「シルビア」まで! かつて存在した「変わり種」パトカー5選

日本のパトカーといえば「白黒パンダ」 日本のパトロールカー(パトカー)といえば、覆面パトカー以外では白と黒のカラーリングに塗られており、その色合いから、「パンダ」と呼ばれることもある。1955年にこの塗り分けになって以来...

続きを読む...

1 / 3123