ワゴンが下火だからこそ逆張り! いま乗れば目立ち度最高の80〜90年代輸入ステーションワゴン5選 (1/2ページ)

ワゴンが下火だからこそ逆張り! いま乗れば目立ち度最高の80〜90年代輸入ステーションワゴン5選

いま欲しい1980〜90年代の輸入ステーションワゴン

 かつてクルマ販売の中心はセダンやハッチバックだったが、現在はすっかりミニバンやSUVが主流に。その結果、セダンだけでなく一斉を風靡したステーションワゴンすら車種が激減した。その傾向は国産車で顕著に見られ、海外の一部メーカーではセダンやハッチバック、ステーションワゴンをしっかり残しつつSUVが脇を固めるというラインナップも見られる。

 でも今だからこそ、あえてミニバンやSUV以外を選ぶというチョイスはどうだろうか? しかも多くの人が憧れた1980〜90年代の輸入車、とくに当時絶大な人気を誇ったステーションワゴンなら、さらに一味違ったクルマ選びになるはずだ。そこで今回は、日本で現在も手に入れられる車種のうち、入門的な車種からマニアックな車種までを5つ取り上げたい。

【関連記事】VW8代目ゴルフがついに日本上陸! ライバルを常にリードしてきた「歴代モデル」をおさらい

メルセデス・ベンツW124ワゴン_リア側全体画像はこちら

元祖「おしゃれステーションワゴン」
【ボルボ240エステート】

 以前の日本では、ステーションワゴン“商用バンの延長”的なイメージが強く、あまり売れなかった。そんななか1980年代末から90年代にかけてようやくステーションワゴンが流行した。空前のスキーブーム、アウトドアがレジャーとして当たり前になったこともそれを後押しした。輸入車でもステーションワゴンは大きく注目を集めたものだ。その一台が「ボルボ240エステート」である。

 240シリーズは元を正せば原設計が1960年代の「ボルボ140シリーズ」なので、当時でもすでに十分クラシックな雰囲気をたたえたモデルだった。そのため、普遍的とも言えるスタイルはむしろ古くならないまま、現在に至っている。カメラマン、デザイナーなどクリエイティブな職業の人が乗るクルマ、というイメージも当時から大きく変わっていない。ボルボ240エステート_フロント側全体画像はこちら

「角目ベンツ」を代表する名車
【メルセデス・ベンツW124Tシリーズ】

 メルセデス・ベンツにおける主力シリーズのひとつ「Eクラス(以前はミディアムクラス)」。なかでも「W124型」は適度なサイズと性能で、すべてにおいてバランスが優れたモデルとして知られ、究極の実用車とも言われている。そのため当時のステーションワゴンモデル「Tシリーズ」では、そのイメージがさらに強い。W124型セダンをベースに優れた積載性も備えているのだから、これ以上何を望めば良いのか……。

 また、この時代のメルセデス・ベンツの特徴として、内外装が質素ということが挙げられる。しかし質感が低いのではない。スイッチ類やワイパーなど、その多くのパーツに不要な装飾を与えず、機能が形状を決定している。すべてにおいて、無駄なことがないのだ。メルセデス・ベンツは高級車だが、その本質は「極めて実用的な道具」ということを、W124型は今なお教えてくれる。メルセデス・ベンツW124ワゴン_フロント側全体画像はこちら

アメ車イメージど真ん中の“ベンコラ”車
【フォード・トーラスワゴン】

 1990年代に流行したワゴンに、「フォード・トーラスワゴン」があった。世界に冠たるアメリカンビッグ3メーカー、フォードのクルマが現在は、ヨーロッパ・フォード含め正規で日本に上陸していないことに驚きを禁じ得ないが、かつてはこのトーラス(アメリカ)、モンデオ(ヨーロッパ)など、日本でもスマッシュヒットを飛ばした車種があった。

 トーラスは1986年に登場。主力の中級モデルとして、莫大なコストを投じて開発された。1992年には、細目の精悍なフェイスにチェンジしている。1988年から日本にもセダン・ワゴンともに輸入していたが、細目トーラスになって売れ行きが向上。大柄な車体、ベージュの内装、水平基調のダッシュボード、ベンチシートにコラムシフトなど、「みんなが思うアメリカ車」そのもの姿は、アメリカ映画の中で見たような「豊かなライフスタイル」が始まる予感を与えてくれた。1990年代に流行した「フォード・トーラスワゴン」画像はこちら

画像ギャラリー