クルマが気になって物語が入ってこない! ドラマ&映画の「存在感ありすぎ」の登場車5選 (1/2ページ)

クルマが気になって物語が入ってこない! ドラマ&映画の「存在感ありすぎ」の登場車5選

「重要な枠割」を担うクルマばかりに目が奪われる!?

 国内外問わず、TVドラマや映画には、しばしば強烈な印象のクルマが登場する。例をあげると「西部警察」「ナイトライダー」などがそれにあたる。これらの作品では、もはや「クルマも主演級」だ。

 そのいっぽう、クルマはあくまでも話に必要な「小道具」「脇役」程度の扱いで、かつ主演する俳優陣が超豪華な注目作なのに、登場するクルマにばかり目がいってしまう……なんてこともある。そこで今回は、クルマ好きなら俳優陣よりもクルマに目がいってしまうTVドラマや映画と、そこに登場するクルマたちを5つ集めてみた。

【関連記事】「コロナバン」「カリーナバン」「クラウンバン」! どうしてそんなにバンだらけ? 懐かしすぎるトヨタの「商用バン」

ナイトライダーに登場したナイト2000画像はこちら

1)「刑事貴族」×「マスタング・ソアラ・ヴァンプラ」

 1990年から1992年まで、3部にわたって放送されたTVドラマ「刑事貴族(でかきぞく/日本テレビ系列放送)」。初期は舘ひろしを主演としたハードボイルドなアクション刑事ドラマで、舘ひろしの「男らしさ」「カッコよさ」が光っていた。なにしろ、乗っていたクルマが、舘ひろしの提案で、あえてボコボコ・傷だらけになった(涙)黒い「フォード・マスタング・マッハ1」なのだからシビれる。舘ひろしの荒々しい「一匹オオカミ」的なキャラクター・牧俊介ともマッチしていた。

【関連記事】「コロナバン」「カリーナバン」「クラウンバン」! どうしてそんなにバンだらけ? 懐かしすぎるトヨタの「商用バン」

刑事貴族で館ひろしが乗っていたフォード・マスタング・マッハ1画像はこちら

 ところが、舘ひろしは諸事情により16話でマッハ1とともに降板してしまい、そのあとを郷ひろみが継いで「トヨタ・ソアラ」とともに活躍するも、第2シーズンの「刑事貴族2」からは、主演が水谷豊にチェンジ。ファッショナブルでスタイリッシュな印象を押し出した内容に大きく路線変更が行われ、以降はそのイメージが定着した。そして主演や豪華俳優陣以上に、水谷豊演じる本城 慎太郎が乗る「ヴァンデン・プラス・プリンセス1300(ヴァンプラ)」の存在が光る。こちらも、マッハ1同様に登場人物のイメージにぴったりだった。刑事貴族で登場したヴァンデン・プラス・プリンセス1300画像はこちら

2)「グッドラック」×「40ランクル」

 SMAPの木村拓哉(キムタク)といえば、1990年代半ば以降に主演したTVドラマや映画の多くがヒット作となり、各作品でいろいろな話題を生み出した。プライベートでもクルマが好き、というキムタクだけに、作中でもいろいろなクルマ・バイクを颯爽と乗りこなし、中には、2000年放送の「ビューティフル・ライフ」で登場した「ヤマハ TW200」のように、バイクのスタイルまで流行らせてしまったほど。

 そんなキムタク主演のTVドラマで思い出されるのが「グッドラック(TBS系列)」(2003年放送)で出てきた「トヨタ・ランドクルーザー(40系)」だ。キムタクが演じるのは、ANAのパイロットで熱血漢の主人公・新海元(はじめ)。完璧を求められるパイロットが、無骨でアナログなランクル40系をあえて乗る……というチョイスが素晴らしい。ドラマ「グッドラック」でキムタクが乗っていたトヨタ・ランドクルーザー画像はこちら

 しかも劇中のランクルは「ホロ」で、よりワイルドなイメージが強調されていた。このほか、「プライド」(2004年)でもキムタクは「トヨタ・ハイラックス」のダブルピックアップにも乗っていたことが思い出される。

画像ギャラリー