スカイラインRSにフェアレディZが怪物に! 「西部警察」で大暴れした劇中車の衝撃スペックとは (1/2ページ)

スカイラインRSにフェアレディZが怪物に! 「西部警察」で大暴れした劇中車の衝撃スペックとは

西部警察で活躍した特殊車両たち

 クルマに対する記憶の中には、クルマ自体はもちろんのこと、そのCMや登場したドラマや映画、アニメなども含まれる。しかもその印象が強い場合、クルマを趣味としない人にも「あのクルマといえば○○だね」というイメージを残しているのではないだろうか。

 そこでドラマ・映画・CMなどで、登場人物と並んで存在感を残したクルマたちを紹介したい。まずは、伝説の刑事ドラマ「西部警察」の活躍で今なお話題に上る「スカイラインRS」から始めよう。

初登場はスカイライン“ジャパン”がベースの「マシンX」

 1979年〜1984年にかけて、3部・全236話が放送された伝説のドラマ「西部警察」。拳銃を撃ちまくる警察と、手榴弾やバズーカなどを普通に持っている犯人のバトル、派手な爆発、激しいカースタントなどの「刑事ドラマ」とは思えない強烈なアクションシーンが毎週連続し、現在でも多くのファンを惹きつけている。

 どのくらい破天荒なドラマだったかというと破壊した車両は約4680台、ガソリン使用量は約1万2000L、火薬の量は約4.8t、撮影で飛ばしたヘリコプターの数は約600機、始末書45枚という数字がそれを物語る。

 そして何よりも、西部警察の人気を不動のものとしたのが、劇中に出てくる警察署「西部署」の特殊車両だった。西部警察のスポンサーだった日産の市販車を用いて、当時のハイテク装備を満載。犯罪捜査に用いる「マシン」を作り上げたもので、当時は子供から大人まで熱狂した。マシンたちは名俳優が軒並み揃う出演陣並みにインパクトが強く、「西部警察」を象徴するアイコンとしてファンを虜にし続けている。スカイラインRSにフェアレディZが怪物に! 「西部警察」で大暴れした劇中車の衝撃スペックとは

 特殊車両の初登場は、パートIの45話。それまでは捜査にセダン(セドリックやグロリアが中心)を用いていた西部署に、5代目スカイライン(C210型・愛称:ジャパン)2000GTターボをベースにした「マシンX」が配備されたという設定だった。外観は黒いボディにゴールドのストライプ、足元には金色に塗られたカンパニョーロのホイールというシビれるスタイル。車内にはコンピュータとモニター、サーチライト、レーダー、特殊発信ペイント弾発射銃など52種類もの特殊装備を装着していた。

画像ギャラリー