オリジナルを生かしつつ大変身したアテンザ (1/2ページ)


控えめなパーツでもその効果は120%

J UNIT MAZDA ATENZA
Jユニット マツダ・アテンザ

Jユニットのブランド「グロリア」シリーズにアテンザセダン用がリリースされた。
コンセプトは、各々のクルマが持っている魅力を最大限に引き出すのこと。だからエアロがフルバンパーかハーフかは、「そのクルマに似合うか」で決められる。アテンザに関しては、小振りなリップタイプを採用されている。main_GAZ1217

最近のマツダ車はデザイン性が高く、純正バンパーのディテールも凝っている。
「面の構成がキレイでオシャレ。その造形を生かすために、今回は控えめなリップタイプを作りました」とJユニットの三谷サンはいう。
また、アテンザが持つスポーティなイメージを際立たせるためにも、走りのテイストを演出できるリップが相応しかった。

そして今回は開発する際に、SNSを通じてアテンザユーザーへ積極的にリサーチ。
やはり現時点では、フルバンパーより小さなスポイラーを求む声が多かった。
そのニーズを反映して作られたフロントアンダーリップは、疾走感漂う吊り下げタイプ。見る角度によっては張り出しているように思えるが、前への出幅は約1〜2cm。下方向も約1.5cmに抑えた。_GAZ0085面発光のLEDを内蔵した「ゼルトDLRガーニッシュキット」もリリース。
ガーニッシュはアールを駆使した立体的な造形がポイントで、装着するだけで社外バンパーのように見せられる。さらに顔つきがより一層シャープになる、マークレスグリルフィンも付ければ非の打ちどころはなし。_GAZ0110