オートサロン2016「エンドレス」が作る800psストリート仕様のR35GT-R


純正スイッチで減衰力切り替え可能な
オリジナル車高調整式サスキット

RH9グループ「エンドレス」(兵庫県)は、ストリート向けに仕上げたR35GT-Rのオーナーカーを展示。
エンジンは、HKSのピストンコンロッド/カム&バルブスプリングセット、TRUST(トラスト)のTD06-20Gタービン/インタークーラーなどでチューニング。1.8barのブーストで800psオーバーの仕様となっている。エンドレス
あくまでストリートでの乗りやすさを重視して作り込んでいるが、戦闘的な見た目に違わぬ“速さ”を持たせている。
タイヤはフロントもリヤ同様に285/35-20を装着。トップシークレットのワイドフェンダーを装着するが、それでも足らず、調整式のアームで収めている。

注目はエンドレスオリジナルパーツ。フロントディフューザー、そしてダンプトロニック対応の別タンク式車高調サスペンションだ。エンドレスR35GT-Rに設けられた純正のダンパー調整スイッチを使い、減衰力を3段階に切り替えることが可能。今回の展示車両は、コンフォートモードで14年モデルのノーマルぐらいのソフトさに設定してあり、切り替えでの減衰力の振り幅を大きくしてあるという。

【関連記事】

オートサロン2016「インパル」が走る楽しさを日産セレナに注入

オートサロン2016「レイズ」が誇る超剛性ホイールがさらに進化

【画像80枚】東京オートサロン2016「コペンクーペ&シューティングブレーク」まとめ

オートサロン2016 撮れたて「キュート」なコンパニオン画像まとめ