「ビートクラフト」の卓越した木工技術をハイエースのインテリアに導入


オーダーメイドできる質感の高い木製インテリアパーツ

COOL ART
クールアート

もともと木を扱う業種だった「ビークラフト」。その技術を生かしてハイエースのインテリアアイテムの製造を開始。それがここで紹介する「クールアート」というシリーズだ。

オールインワンカップホルダーが価格27,000円~。セカンドカップホルダーが価格25,000円~。アームレストが15,000円。セカンドテーブルが価格35,000円~となっている
オールインワンカップホルダーが価格27,000円~。セカンドカップホルダーが価格25,000円~。アームレストが15,000円。セカンドテーブルが価格35,000円~となっている

「クールアート」シリーズの製品はフルオーダー制になっていて、カラーはもちろん、布貼りのときはステッチの色まで選ぶことができる。これは既存のカスタムパーツでは「いまひとつしっくりいかない」と思っていたこだわり派向けのアイテムである。

セカンドシート用のセカンドカップホルダー。カラーが選べるのもいいが車内アイテムに木という素材を使うところが洒落ている
セカンドシート用のセカンドカップホルダー。カラーが選べるのもいいが車内アイテムに木という素材を使うところが洒落ている

クールアートシリーズの主力というと使い勝手の良いテーブルになるが、素材は木である。
カー用品として木製のアイテムは珍しいが、それだけに素材のよさを生かすことでほかとは違った質感が生まれる。
例えばテーブルならそこにモノを置いたときの「音」など木の製品ならでは感覚が味わえるはずだ。クルマ趣味人には素材フェチも多いが「クルマに木」というある意味ハズしの組み合わせに惹かれる人は少なくないだろう。

2ウェイとなるオールインワンカップホルダー。トップテーブルは取り外しが可能で、こちらだけ装着することもできる
2ウェイとなるオールインワンカップホルダー。トップテーブルは取り外しが可能で、こちらだけ装着することもできる

こうした「木」であることを重視した製品だが、ビークラフトの楽しいところは真面目なもの作りのなかに遊び心を取り入れていること。それが製品のカラーバリエーション。これは実際にホームページで確認してほしいが選べる幅が非常に多い。

セカンドシート用の装備。センターテーブルの左右は物入れにも成っているが、上部がクッションなのでここをオットマンとして使うこともできる
セカンドシート用の装備。センターテーブルの左右は物入れにも成っているが、上部がクッションなのでここをオットマンとして使うこともできる

また、ベースカラーとアクセントカラーを別にオーダーできるので、自分だけのカラフルなテーブルというのも製作が可能。それに塗装ではなく、表皮を張る仕様もオーダーが可能になっていて、そのカラーバリエーションも豊富だ。まさに「人とは違う」を実現できるのがこのクールアートシリーズなのだ。

こちらはアームレスト。表皮のカラーバリエーションも豊富なのでテーブルとコーディネートしたい
こちらはアームレスト。表皮のカラーバリエーションも豊富なのでテーブルとコーディネートしたい
ビークラフトのもうひとつの注目アイテムが2ステージベッド。フロアも含めると3段のスペースとなる。この発想はすごい
ビークラフトのもうひとつの注目アイテムが2ステージベッド。フロアも含めると3段のスペースとなる。この発想はすごい

ビークラフト TEL0744-35-5717 http://www.b-craft7.com

【関連記事】

トヨタ・ハイエースの天井をカラーレザーで大胆チェンジ

ファッション性と機能性を備えるハイエース用シートカバー

LEDメイクでライバルに差を付ける「ビーキャス」デモカー

ヴェルファイア用テールランプの点灯パターンを変える!