大阪オートメッセ 富士で1分41秒5を記録した快速R34スカイラインGT-R


 第2世代GT-R好きはガレージ伊藤にGO!!

さすがに少なくなったが、やはりGT-Rのチューニングといえば第2世代! そんな人は6A号館のクラブRH9エリアに展示されているガレージ伊藤の日産R34スカイラインGT-Rに注目だ。

T7GI2320 このデモカーはサーキットアタック用のマシン。富士では1分41秒5を記録する、簡単にいえば「めちゃくちゃ速いマシン」だ。2.8Lキットに三菱製の大容量タービンを改造して組み、700psを発生する。さすがに低回転域は厳しく、5000〜8000rpmがパワーバンドとのことだ。

T7GI2335

この回転を維持するためにトランスミッションにはホリンジャーのシーケンシャルを組み合わせている。

さらに4WD制御もサーキット走行に合わせて変更した。

T7GI2326

これだけのタイムを出していても伊藤代表によれば「空力も対してやってないし、アームの取付位置も変更していない」という。さらにブーストも1.5kg/cm2程度でまだ余裕があるとのこと。

T7GI2328

また、先日筑波サーキットにも乗り込んだが、ギヤ比や足まわりがまったく合わず、57秒台に終わったという。目標は54秒で、またリベンジしたいとのことなので、今後の動きにも注目したい。

(レポート:GT-Rマガジン・石田)

【関連記事】

大阪オートメッセ【画像20枚】現代によみがえる昭和の魂 デコトラ「一番星」

取り付け性に優れた1DIN+1DINナビ

大阪オートメッセで見つけた「ちょいポチャ」キャンギャルが可愛い!

大阪オートメッセ「ナイスパイ」なキャンギャルはこれだ!

大阪オートメッセ2016 ムフフな「セクシーキャンギャル」画像集

大阪オートメッセ「大胆キャンギャル」ベストセレクト!