カスタマイズ輸入車の祭典「af.impスーパーカーニバル」


晴天の大阪・舞洲スポーツアイランドに
スタイルアップした輸入車が大集合!

絶好のイベント日和となる晴天に恵まれた5月15日(日)、大阪・舞洲スポーツアイランドにて年に一度の輸入車ドレスアップカーの祭典「af.impスーパーカーニバル」が開催。
8回目の開催となる今回は、245台のオーナーカーと102社のメーカー&ショップブースが大集結! こだわりのカスタマイズの競演は見どころ豊富で、じっくり見ていると1日では回りきれないほど濃い内容の輸入車が所狭しと並んでいた。

会場の中央には企画展示の「アクティブライフゾーン」が設置され、アウトドアテイスト満点の4WD&SUVやアウトドア関連のPRブースが集合。ローダウンが主流のドレスアップ界とは一線を画す斬新なカスタマイズは、幅広い輸入車の楽しみ方を提案してくれた。IMG_9138

会場の一角を占める飲食コーナーには、人気のB級グルメ屋台がズラリと出店。ステージ前には「af.impカフェ」で上質なバリスタコーヒーも味わえるなど、ファミリーでも楽しめるイベントとなっている。

多くの屋台が並んだ飲食コーナーは、まさにグルメフェス状態。お昼時には、かなりの行列が各店舗の前に発生していた

朝10時のオープニングを皮切りにステージイベントも目白押しで、「コーラのいっき飲み競争」や「ジャンケン大会」では豪華賞品を進呈。恒例のヘリによる空撮集合写真では、多くの参加者が笑顔で大空に向かって手を振った。この様子はaf.impで掲載される予定だ。IMG_9444

14時からのエンディングステージでは出展各社によるアワードが発表され、受賞車を迎えて記念品を贈呈。最後は参加車245台による盛大なパレードランで会場を後にし、輸入車ドレスアップの祭典は盛況のうちに幕を下ろした。

IMG_0095
ラストは参加者によるパレードラン。アワード受賞車を先頭に、エントリーしたユーザーカー全車が順番に会場を後にした
エンディングステージでは、出展社賞のアワード表彰式を開催。受賞車とオーナーを囲み、こだわりのカスタマイズが披露された
エンディングステージでは、出展社賞のアワード表彰式を開催。受賞車とオーナーを囲み、こだわりのカスタマイズが披露された

(レポート&撮影:川島秀俊)

【関連記事】