視認性とレトロ感を両立する「H4用LEDヘッドライトシステム」


消費電力20Wで明るさは純正バルブの2倍!
旧車にも似合う風合いのある3000ケルビン

H4ハロゲンバルブとトレードインできる「スマート」のH4バルブ用『LEDヘッドライトシステム』。
純正H4バルブの約2倍となる168カンデラという照射範囲の明るさを実現し、さらにネオクラシックカーなどのイメージを崩さない白すぎない光りを採用している。S__17408011

ヘッドライトの光量不足を感じるクルマのヘッドライトはハロゲンライトだ。
最近はHIDキットが普及し安価なモデルもあるが、イグナイターの設置場所を探したり、バッテリーから電源を取るなど、取り付けはけっこうメンドクサイ。

一方、一般的な「LEDヘッドライト」は、電源は純正配線から取って、バルブ交換とほぼ同じ感覚で取り付けられることもあり人気が出てきているのだ(コンパクトな変圧器の設置は必要)。
もちろん、消費電力は低く、オルタネーター(発電機)の稼働時間が短縮されてエンジンへの負荷は軽減して燃費向上も期待できる。36-3_GP13990

ところが、近年のLEDランプやHIDランプは、その清潔感のある青白い光りを意識してか色温度が5000k以上に設定されていることが多い。
ネオクラシック系のクルマに、そのような青白い光りを放つヘッドライトを装着すると、他の灯火類の光り方や色のバランスが悪くなることが多い。37-5_GP14068

そんな悩みを解消してくれるのが「スマート」の『LEDヘッドライトシステム』だ。
LEDの色温度を3000kとハロゲン球のような風合い。
じつは、ヘッドライトの色温度が低いほうが天候の影響を受けにくく見えやすい傾向にある。
これは、色温度が低いほど波長が長いため、雨や霧、チリなどの空気中の浮遊物があっても乱反射しにくいからだ。フォグランプが黄色い光りを使っているのは、そのような理由からだ。スカイラインH4LED

「スマート」の『LEDヘッドライトシステム』は、純正ハロゲンバルブより2倍の照射光度を持ち、消費電力は20W。ヘッドライトのレンズカットにも配慮した設計を施している。

LEDライトで注目したいのが、ヒートシンク(冷却)性能だ。
「スマート」製は、バルブの後ろにファンを装着して熱害対策も万全。
さらに3年間の保証付きというのだから安心できる。4582423764036

「LED HEAD LIGHT SYSTEM H4」価格:¥37,000(税別)

スマート TEL078-380-2780 http://www.smart-div.jp/

【関連記事】