2点支持だから走行中にブレない「スマートフォンフォルダー」


スマートフォンをガッチリ固定
脱着はマグネットでワンタッチ

さまざまなカーアイテムをリリースする「キザス」が『Mountek AIRSNAP(マウンテック エアスナップ)』というエアコン吹き出し口に装着するスマートフォンフォルダーの発売を開始。
一般的なフォルダーと異なるのが、固定用クリップのほかにスタビライザーで、さらにもう1箇所の固定部を持っていることだ。つまり、2点支持となり、走行中にフォルダーがブレてスマートフォンの画面が見えにくいということを軽減。ちなみにiPad miniサイズのタブレットなら装着できるそうだ。

IMG_3371

地図アプリの進化して、カーナビ代わりにスマートフォンを使用する人が増えている。
ところが、最大11インチと大画面化するカーナビゲーションに比べると、スマートフォンのモニターは大きくても6インチ。やはり小さい。
さらに一般的な車載用のスマートフォンフォルダーは、意外にフォルダー本体の取り付け剛性が低く、走行中の振動でブレて視認性がかなり悪くなってしまう。

『Mountek AIRSNAP』は、一般的なフォルダーと同じくエアコン吹き出し口の装着して使用するのだが、取り付け剛性高めるためにスタビライザーという第2の支持点をプラスしているのが特徴だ。

メインの取り付け金具も単なるクリップタイプではなく、ダイヤル式でクリップの噛み合わせ部の調整が可能。そして横ルーバーまたは縦ルーバーのエアコン吹き出し口に対応できるように、スタビライザーを2タイプ用意する。ただし、丸型の一部吹き出し口には対応していない。

フォルダーとスマートフォンやiPadミニクラスのタブレットの装着は、マグネットでワンタッチ固定。
これまたカンタン!
ただし、事前にスマートフォンやタブレットの背面に直接、専用パネルを装着する必要がある(両面テープで簡単に付けられる)。また、タブレットはケース越しに使用できないので要注意。

ギザス TEL045-548-5290 http://xas.co.jp/

【関連記事】