アルファード/ヴェルファイア専用エアサスが「フェイト」から登場


新ブランド「アヴェル」の第1作目は
「フェイト」と「ボルドワールド」で共同開発

アルファード&ヴェルファイア専門のブランドが「フェイト」から誕生した。その名も『アヴェル』。
その第一弾として企画されたのがエアサスだ。
アルファード/ヴェルファイアを得意とするショップらしく、そのノウハウを生かして快適な乗り心地を実現している。

AVelL_VELLFIRE_001徳島県の実力ショップである「フェイト」。
トヨタ・アルファード&ヴェルファイアが得意なことで名を馳せているこのショップが、アルファード&ヴェルファイアの専門ブランド「アヴェル」を立ち上げた。

その第一弾となるのが、このオリジナルエアサスだ。
しかも、デビュー作ながらコラボする相手として選んだのが、エアサスメーカーとして有名な「ボルドワールド」だ。
10系(初代)アルファード、アルファード/ヴェルファイアの20系(2代目)、30系(現行型)と3世代に渡ってエアサスを装着してきたフェイトのノウハウを注入し、ボルドワールドと共同で開発することで、アルファード&ヴェルファイアに最適な乗り心地を実現したのだ。

左は全下げ状態。真ん中は走行状態、右は全上げ状態。スイッチ一発で走行状態に戻れる原点復帰機能も搭載されている

マイルドな乗り味でもシッカリ感を確保した秀逸なセッティング

フェイトが30系アルファード/ヴェルファイアに対する理想とした乗り心地は、家族にも受け入れてもらいやすいマイルドな味付け。
ファミリーカーとしてのキャラクターを考えた理想の仕上がりだ。

実際、従来のエアサス車と「アヴェル」のエアサスを装着したクルマとを乗り比べてみるとその差は歴然。走り出しから路面からの入力が和らいているのがすぐに感じられ、走行時のギャップを乗り越える際もその角が丸くなったような印象だ。

アドバンスバージョン。エアバック、ショック、4ガロンタンク、2独式電磁弁、コンプレッサーなどの一式が含まれたキット。他にもグリッターバージョンもある
アドバンスバージョン。エアバック、ショック、4ガロンタンク、2独式電磁弁、コンプレッサーなどの一式が含まれたキット。他にもグリッターバージョンもある

そのようなマイルドな乗り味でありながらも、しっかり感をキープしているところが秀逸。
今後はアルファード&ヴェルファイアの全世代向けにオリジナルアイテムを開発していく計画だとか。ショップならではの生の声を拾える機能を活かしつつ、様々なメーカーとコラボして新アイテムの提案に注力していく予定だという。

左の写真がフロント。真ん中はリヤのダンパー、右はリヤのエアバッグ(スプリング)部。30系アルファード&ヴェルファイアはリヤサスはダブルウィッシュボーンを採用。それを考慮した最適の味付けを施す。

フロントは減衰力40段調整式。アッパーマウントにはキャンバー角調整機能も採用されている。

ダンパーは全長調整式。ボルドワールドの既存の30系アルファード用製品とはシリンダー内のオイルの番手やガス圧を「アヴェル」専用チューニングに変更している。ココに同ブランドのノウハウが結集されているといっても過言ではない。右の写真はコントローラー。使いやすさを追求したコントローラーとなっている。

サスオンリーバージョン。ボルドワールドのエアサスをすでに付けているユーザー向けのアイテム
サスオンリーバージョン。ボルドワールドのエアサスをすでに付けているユーザー向けのアイテム
アヴェルエアー・アドバンスバージョン ¥788,400
アヴェルエアー・グリッターバージョン ¥734,400
アヴェルエアー・サスオンリーバージョン ¥453,600

フェイト TEL0883-42-4583 http://www.o-w-s-fate.com/
アヴェル専用サイト https://www.avell-produce.com/

(レポート:ワゴニスト編集部・遠藤)

【関連記事】