【DIY】ドアの”のっぺり感”を引き締める『サイドモール』


厚みがあって存在感バツグン
サイドフォルムを引き締める

Kカーなどドア周りのプレスラインの抑揚が少なく、“のっぺり感”を手早く解消してくれるのが「愛工房」がリリースする『サイドモール』。
純正ドアモールのようにカマボコ型に厚みがあるカタチで、しっかりと存在感を発揮してくれる。
装着は切って貼るだけだが、どこに装着するか位置キメが重要。
ドアにプレスラインが入っている場合は、それに沿ってやや下側に貼るといい感じになる。
main_ai_10

【使用アイテム】サイドモール
カラー:黒
価格:¥1800/m
送料:9mまで¥800、10m以上は無料

純正状態
純正状態
装着前にこれだけはやっておきましょう

1:汚れをキレイに拭き取っておく
装着面に汚れや油分があるとテープが付きにくい。脱脂剤などでキレイにしよう。

2:必要なモールの長さを計測する
曲線部分が多いので、ヒモなどを這わせて、事前にその長さを測っておくといい。

3:寒い時期は軽くモールを温める
粘着力がきちんと発揮されるのは約20度。冬は軽く温めておくといい。

1:ドアの長さを測り、やや長めにモールをカット。ai_44
2:マスキングテープなどで貼る位置に目印を付けておく。いきなり貼るのは失敗の元だ。ai_45
3:前後ドアの継ぎ目を始点に、前側・後ろ側と2本に分けて貼っていく。
車種によってはドアの角度が斜めになっていたりするので、それに合わせてモール側の角度も調整しよう。ai_46
4:継ぎ目の角度にピッタリ合わせるai_47
5:剥離紙を剥がしながら貼る。ギュッと空気を押し出すイメージで貼っていくといい。ai_48
5:フェンダー側の先端はハサミで丸くカットすると雰囲気が出る。ai_52

夢工房(めぐみこうぼう) TEL048-998-8899 http://www.megumikobo.jp

【関連記事】

【DIY】ガラスとボディのすき間をモールで埋めて車格アップ!【DIY】ガラスとボディのすき間をモールで埋めて車格アップ!