アメリカ東海岸流「超大径ホイール」でクールにキメる【クロスファイブ】


30インチ級ホイールも登場!
マイアミスタイルという大胆メイク

10月2日に宮城県仙台市のベイエリア「夢メッセみやぎ」にて開催された『クロスファイブ』。アメリカンカスタムをテーマに全国行脚するこのイベントには、日本のドレスアップとはひと味異なるクルマが展示されていた。01

その中でもひときわ来場者の目を惹いていたのが『マイアミスタイル』だ。
名前から想像できるとおりアメリカはマイアミ発祥、大口径のホイールを履かせた『マイアミスタイル』と呼ばれる手法のドレスアップ。
24インチを超えるサイズで純正のスタイリングを大きく崩しつつも、それを「クール!」とする自由の国アメリカらしいカスタムだ。02

今回のクロスファイブではアメ車のみならず、国産車のマイアミスタイルが何台かエントリー。ボディや足まわりの加工が必須なせいか、日本ではまだまだ見かけることが少ない。
03ドンクスタイルやハイライザーと呼ばれることも。セダンにクーペ、SUVと何でもアリ!

こんなサイズのホイール、無加工で履けるワケがない。
当然ながらボディやサスペンションは大幅な切った張ったが必要で、剛性やダンパーのセッティングなど、独特のノウハウが必要になる。
走りやすいかどうかは別として、お目立ち度はローダウンを超えるかも⁉︎

フツーでは考えられない大径ホイールがマイアミスタイルの証。会場で見かけたクルマでは24インチ、さらに32インチなんてのも。

渋さに隠された小技を利かせるキャデラック

その一方で、いぶし銀のような威風堂々たるアメリカンカスタムの王道と言える『キャデラックCTS』を発見。
ド派手なエアロパーツやボディカラーに頼ることなく、セレブな大人のカスタムカーといった空気を醸し出す。01
筋の通ったコダワリが多くのクルマ好きの共感を呼び、今年のクロスファイブではカテゴリー別のファーストプライズを獲得している。
単なるローダウン&インチアップと思ったら大間違い、微に入り際を穿った作り込みをご覧あれ!

02ツヤを抑えたシックなシルバーにオールペンされたボディ。フォグランプカバーのメッキ化など、小ワザをピンポイントで用いる手法は参考にしたい。
会場では両ドアを開いて展示していたが、見どころはじつは室内ではなかった。

ドアを開いていた理由はコレだ。運転席側のBピラーにはキング、助手席側にはクイーン。渋すぎる!

足もとのカスタムはローダウンとインチアップだけじゃない。
ブレーキを大容量化すると同時に、ローターはスリット&ドリルドをチョイス。重量級ボディの走りもサポートする。

(レポート&撮影:佐藤 圭)

【関連記事】