「ロェン」がエスティマ後期用4本出しマフラーを開発!


テールはステンとチタンの2タイプ
12月末よりの発売前に予約受付中

今年6月にビッグマイナーチェンジを敢行したトヨタ・エスティマ。大きな開口部を持つフロントマスクから各ボディパネルに至るまで、さまざまな意匠変更がされている。
そんなエスティマ用に「ROWEN(ロェン)」がエキゾーストシステム『PREMIUM01S』をリリースした。

「ロェン」の新型エスティマ用エキゾーストシステム『PREMIUM01S』はSUS304ステンレス製で、120Φオーバルの左右4本出しテールを採用する。純正マフラーにも装着可能。さすが4本出しゆえ存在感は高く、リヤビューのイメージが一新する。

テールエンドは、ステンレスとチタンの2タイプを設定。ステンレスタイプは、「ROWEN」のロゴを刻印したプレートを装着。

チタンタイプは、ブラスト加工でロゴを刻み込んでいる。

発売は12月末を予定しているが、すでに予約を受け付けている。もちろん車検をパスできるように2010年4月施行の交換用マフラー事前認証も取得予定だという。

PREMIUM01S ¥120,000
PREMIUM01Sチタンレール ¥145,000

価格は税別。2WD/2.5リットル専用

ROWEN事業部 TEL0565-52-8555 http://www.rowen.co.jp/

【関連記事】