「ダイハツ」は計11台で4つの提案をオートサロンで展開


往年のホットハッチ「デ トマソ」を
彷彿させるコンセプトカーも登場!

千葉県の幕張メッセで2017年1月13〜15日に開催される「東京オートサロン」に、ダイハツは4つのカテゴリーのコンセプトカー11台を出展すると発表した。
往年のホットハッチ『シャレード デ トマソ』や『TR-XX』を彷彿させるモデルも登場する。

ブーンシルク

ダイハツブースのコンセプトは「もっと楽しく。もっと自分らしく。」。
『スポルザ(SPORZA)、グランドカスタム(Grand Custom)、ビーチクルージン(Beach Cruisin)、クロスフィールド(CROSS FIELD)』といった4つのカテゴリーでコンセプトカー11台を出展する。

それぞれダイハツ車の個性と特徴、従来のカスタムグレードなどをベースアイデアとし、さらに新しいカタチへと昇華させたという。

SPORZA

  • シャレード デトマソやTR-XXの要素を、現代仕様として復活
  • 赤×黒の専用ボディカラーにゴールドのアルミホイールで、上質なスポーツテイストを演出

 

Grand Custom

  • 専用メッキパーツや大型LEDフォグランプで存在感を表現
  • 迫力と優美さをまとった至高のカスタムスタイル

 

Beach Cruisin

  • 専用ボディカラーとオリジナルのラッピングでテイスト系の新たなカタチ
  • ライフスタイルをゆるく、のんびり、スローに楽しむためのクルマ

CROSS FIELD

  • マットに仕上げた専用ボディカラーとDラッピングなどでアクティブ感をプラス
  • アウトドアが好きな「大人の趣味人」が遊びのフィールドを広げるための一台

ダイハツ東京オートサロン特設サイト https://goo.gl/a8hnp3

【関連記事】