スズキ「イグニス」のオフロード感をグッとアップ!【東京オートサロン2017】


オフロードバンパーを現代風にアレンジ
力強さと懐かしさをアピールできる

1月13〜15日千葉県・幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2017」でオフロード系パーツメーカーの「ジャオス」は、スズキ・イグニスの『フロントスポーツカウル』を発表した。
カウルと言ってもじつはフルバンパーで、イグニスがもつクロスオーバーなイメージをよりタフにオフローダー寄りに変身させるアイテムだ。

左右を切り上げるようなデザインは、かつて同社がリリースしていたスチール製のオフロードバンパーをイメージ。クロカン4WDブームが沸騰していた時代を知る人なら感涙ものといえるだろう。
そのイメージを強めるためにバンパー左右下端はブラックで塗り分けられている。

センターはシルバーの部分は、スキッドプレートをイメージしているそうだ。さすがオフロードパーツのツボを知るジャオスならではといえるデザインだ。

力強さを表現するオーバーフェンダーは、リベット止めのように見えるが、じつはフェイク。出幅9mmなので車検にも対応する貼付式だ。

このほか、ルーフスポイラーやセンター出しマフラー&ガーニッシュ、マッドガードもラインアップする。 ジャオス http://jaos.co.jp/

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by