「エイムゲイン」がNSX/R35GT-Rの新型エアロを発表!【東京オートサロン2017】


オーバーフェンダーでインパクト増大
『AIMGAIN GT』新ラインナップ

セダンをはじめ、高級感と存在感をアップさせるエアロを数多くリリースするエアロメーカー「AIMGAIN(エイムゲイン)」。その新作エアロが「東京オートサロン2017(千葉県・幕張メッセ)」でデビューした。

今回発表したのは、国産スポーツカーを中心に展開しているブランド『AIMGAIN GT』のニューラインナップだ。まずは日産R35型GT-R。

注目は、フロント50mm、リヤ80mmものワイド化を実現する前後のワイドフェンダー。R35型GT-Rのフォルムににさらなる迫力をアップ!

フロントセクションでは、超大径の開口部を持つバンパーや大型のアンダーリップなどを装着。

ほかにもサイドやリヤのアンダースポイラー、リヤのディフューザーなどでスポーティ感も満点。全体のフォルムに「これぞGTカー! 」と思わずうなってますほどのインパクトを与えることに成功している。

一方、こちらは新型ホンダ『NSX』。
日本でもいよいよ2017年2月27日より納車が開始されるご存じホンダのハイブリッド・スーパースポーツだ(デモカーは北米の『アキュラ』ブランド仕様)。

こちらのエアロでは、フロント・サイド・リヤそれぞれにアンダースポイラーを装着。純正が持つフォルムを活かしつつ、スポーティ感をアップさせるデザインはさすがの一言だ。

ちなみに、『AIMGAIN GT』には、今後「スバルBRZ」用も登場予定。セダン系エアロでのノウハウをスポーツカーにも盛り込むことで、高級感とアグレッシブさを両立させるAIMGAINに今後も注目だ。

【関連記事】