“エッジ”感にこだわるWEDS「マーベリック」2017年モデル


ツイン5スポークの『905S』とメッシュの『910M』
シンプルかつスポーティなデザインを採用する新作

ジャンルや車種のボーダーを越えた、普遍的なデザインが人気なのが「ウェッズ」の『マーベリック』。シリーズ10年目の2017年モデルが、2ピースホイール『905S』と『910M』だ。
両者に共通するのは、スポークラインとサイドの削り込みで表現するエッジ感。シンプルかつスポーティなこの2本は、サラリとイジった街乗り車にもオススメできる。

その特徴を一層強く押し出しているのが、Y字型ツインスポークの『905S』。
パキパキとした直線的なラインと、スポークサイドを大胆に削り込むことで超極細スポークに見せるディスクデザインが見所だ。スポークの両端にさり気なく配置したピアスボルト。そして、ボルト間を繋ぐリム上に窪みを設けて、ノッペリ感を打ち消している。シンプルながらも、細部まで計算され尽くした造形にも注目したい。

極限まで絞り込まれたスポークサイド。写真のガンメタポリッシュでは切削面と塗装面との対比で、天面の細さがより強調されている。

スポークを挟むように配置されたピアスボルト。両隣のボルトを繋ぐリムには窪みを設けて、単純さを払拭。そんな細かい造形にも注目。

『905S』と比べれば、若干の柔らかさを感じさせる『910M』。しかし既存の『709M』と比較すると、スポークサイドのエッジがより増していることに気付く。その意匠により同じメッシュであっても、趣の異なるスマートさを感じさせる。
またカラーにもこだわりがあり、ブラックポリッシュに加えて、マットガンメタリックとブラッシュド(20/21インチ)を用意。この2色はディスクデザインとのマッチングを最優先し、905Sには採用を見送ったものだ。ぜひ自身の目でその全貌を見て確かめて欲しい。

10年の節目にデザインを一新したキャップ。ロゴを最小限の大きさに留めたことで、既存モデルよりもシンプルさに磨きがかかった印象。

しなやかに伸びる10交点メッシュ。スポークラインに曲線を使っているが、エッジを程よく立たせたことでシャープな雰囲気を感じさせる。

<サイズ&価格>
905S:ガンメタポリッシュ、ブラックポリッシュ
18×7.5J〜18×10.0J ¥61,000〜¥66,000
19×7.5J〜19×11.0J ¥68,000〜¥75,000
20×8.0J〜20×11.0J ¥82,000〜¥88,000
21×9.0J〜21×11.0J ¥96,000〜¥100,000

910M:ブラッシュド、マットガンメタリック、ブラックポリッシュ、
18×7.5J〜18×10.0J ¥60,000〜¥66,000
19×7.5J〜19×11.0J ¥67,000〜¥75,000
20×8.0J〜20×11.0J ¥81,000〜¥88,000
21×9.0J〜21×11.0J ¥95,000〜¥100,000

WEDS TEL03-5753-8201  http://www.weds.co.jp

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】