【大阪オートメッセ2017】LS後期用エアロなどラインアップを充実化「ブラックパールコンプリート」


随所にL字デザインを投入
前・中期を後期型にもできる

「ブラックパールコンプリート」の新作はレクサスLS後期用エアロキットだ。
シリーズは同社の中で最もアグレッシブなスタイリングを誇る『ダイヤモンドスポーツ』で、2月10〜12日に大阪市インテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ」のブースでお披露目した。

フロント周りはグリル一体式のフロントバンパーの他、ブラックパールコンプリート初の試みとして、ボンネットとフェンダーも製作。全体に手を入れたことにより、超躍動的なシルエットに。
この時点で勘のいい読者はお気付きかもしれないが、LS後期仕様も可能。つまり、後期用前後ライトさえ用意すれば、前期や中期に乗っているLSオーナーも、このエアロをつけることができるのだ。
新作エアロパーツには、色々な所に「L」のあしらいが入っているのもポイント。これはフルモデルチェンジを控えている次期LSの要所でもあるそうで、そこにいち早く目を付けたというのもさすがだ。

リアバンパーは既存モデルのデザインを踏襲した上で、テール下に縦ダクトを追加。極太のモール入りのトランクガーニッシュにも注目だ。
ちなみに、トランクガーニッシュ。ナンバー周りをガバッと外して付け替えるのだが、これはブラックパールコンプリート初というか、多分、日本初。思いもよらぬ新パーツ。目の付け所が素晴らしい。

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】