【大阪オートメッセ】メルセデスGクラスの最先端おしゃれコーデはこれだ!


「大阪オートメッセ2017」では、例年に比べてやや少なめのメルセデス・ベンツ展示車両。気を吐いていたのは永遠の憧れGクラス。輸入車カスタムが出そろった6-B館では、メルセデス・ベンツメイクの王者WALDでG63が注目を集め、2号館にはファッションブランドのDIVINERブースに旧型のW460型Gクラスがブランドアイコンを努めている。いずれも共通するキーワードが「ブルーペイント」。

ど派手なブルーで全身を統一したWALDのG63

インディゴブルーでアクティブなシティ派ランナバウトを気取るDIVINERのゲレンデヴァーゲン

WALDがメイクしたG63スポーツラインBLACK BISON EDITIONは目にも鮮やかなショッキングブルーで全身をカラーコーデ。

一方のDIVINERブランドのGクラスはインディゴブルーにペイントされ、部分部分に“遣れた”感を演出するためさび色を加え、ダメージスタイルを作り上げている。アウターボディだけでなく、インナーになる室内のシートなどにもブランドメッセージを織り込むなど、旧型Gクラスを最先端オシャレスタイルで乗りこなす提案でコーディネートされていた。

ドアパネルにはブランドロゴ

背面タイヤカバーにもブランドロゴ。それにしてもゲレンデヴァーゲンの背面タイヤカバーって、メッセージボードに使いやすいことに気づかされた

クラシカルなダメージジーンズ風メイクを思わせる「さび色」ペイントが小技としてスパイスを利かしている

インテリアではシートにブランドメッセージが

DIVINERブースではウェアのセールスを展開中。お買い得なトップやボトムを狙うなら大阪オートメッセ2号館で!

【関連記事】