欧州チューナーが提案する最新SUVドレスアップ


ミドルクラス以上がターゲット
圧巻のパワフルなボディワーク

ドイツやスイスのチューナーたちは今、SUVにご執心の様子。スイスで行われた今年のジュネーブモーターショーでは、彼らのブースにはメルセデス・ベンツGLEクーペやテスラ・タイプX、ジャガーFタイプなどをベースにした、魅力的なコンプリートカーがずらりと並んだ。

欧州チューナーたちの熱い視線は、SUVというカテゴリーに注がれている。
しかもミドルクラス以上のSUVがメインのターゲットだ。パワフルなボディワーク、とくにオーバーフェンダーを追加したワイドボディ化が多くのモデルに施されている。既存のモデルとは違うユーザーが購入しているようで、新たな顧客の開拓を狙っているというわけだ。

HAMANN GLE 63 S Coupe

ハーマン

「ハーマン」らしい、ボリューム感のあるフェンダーワークと、エッジを効かせたエアロデザインが特徴的。ハイライトであるオーバーフェンダーはノーマルから9cmもワイド化されており、ただでさえ大柄なメルセデス・ベンツGLEクーペをさらに巨大化。インパクトは絶大だ。

ハーマンビルトインされたマフラーやV字ピラーでマウントされたリヤスポイラーなど、巧みなデザインワークが光る。ホイールはユニークフォージドの11×23インチを装着する。

ハーマンの詳しい情報はこちら

 

FAB DESIGN VIRIUM (TESLA Model X)

FABデザイン

ハイエンドなスーパースポーツをメインに手掛けるスイスのチューナー「FABデザイン」。最新作は話題のEV(電気自動車)-SUV、テスラ・モデルXのエアロモディファイ。ワイドボディでどっしりとしたスタイリングが特徴だ。

FABデザインEVゆえに空力性能はもちろん重要なファクター。リヤアンダーはバーティカルフィンを備えたディフューザーをセット。足元には鍛造ホイール(11J×23インチ)に、タイヤは315/25という超ファットサイズを組み合わせているので電費は……。

FABデザインの詳しい情報はこちら

HAMANN F-Pace

ハーマンBMWやメルセデスに向けたプログラムが多かった「ハーマン」だが、初となるジャガーにトライ。その処女作として選ばれたのが『F-Pace』だ。ドイツでも人気の車両で、他のブランドからの乗り換えが多いという状況から、ラインアップに加わったようだ。

ハーマン奇を衒わないスタイリッシュなエアロデザインが好印象。オーバーフェンダーに収まるホイールはアニヴァーサリーEVOの11×23インチ。

ハーマンの詳しい情報はこちら

HAMANN X4 M40iハーマン

BMWのMパフォーマンス向けのプログラムゆえに、X4に装着されるエアロパーツは純正バンパーに追加する小振りなものが用意されている。カナード状のリップやエアインテークガイドなど、ディテールアップでイメージ付けをする作戦だ。

ハーマンディフューザーとエキゾーストのブラックテールがマッチングしたリヤ。リヤウイングがクーペスタイルに似合っている。ホイールはユニークフォージドの11×21インチ、タイヤは305/25-21をセットする。

ハーマンの詳しい情報はこちら

MANSORY BENTAYGAマンソリー

ベントレー初のSUV『ベンタイガ』も、「マンソリー」の手に掛かればご覧の通り。迫力満点のボディワークはもちろんだが、そのパーツ自体の表面処理に目が奪われる。コラージュカーボンと呼ばれる特殊なカーボンはすべて自社のオートクレーブで製作されている。マンソリー

マットグレーのボディと各部の石目調処理がスペシャルモデルであることを物語る。他とは違うクルマを求めるセレブリティたちには、これくらいのインパクトがないとウケないのだ。

マンソリーの詳しい情報はコチラ

TOPCAR GLE 63 S Coupeトップカー

ロシアンチューナーとして頭角を現した「トップカー」。グロス感極まるカーボンパーツをこれでもかと使用することによって、AMGを遙かに越える存在感を獲得しているメルセデス・ベンツGLE 63 Sクーペ。ロシアならではの「過剰さ」が売りだ。

トップカー

ハーフマットなボディに、織りの強いカーボンパーツがこれでもかと装着されている。ちなみに911をフルカーボンにするボディキットもリリースするなど、カーボンの扱いには相当な自信を持っているのだ。

トップカーの過激なドレスアップはコチラ

(レポート:af imp.編集部)

【関連記事】