現行クラウン用エアロキットを「センスブランド」がリリース開始


コンパクトながらも存在感を放つ
ハーフタイプ・エアロキット

今年1月の東京オートサロンで初披露された「センスブランド」の新エアロシリーズ。トヨタ210系アスリート前期が纏う『エグゼクティブエディション』がそれである。
同社のエアロと言えばフルバンパーの『センセーションシリーズ』がお馴染みだが、『エグゼクティブエディション』はハーフで展開。そして照準は現行モデル。その洗練されたデザインをここで改めて、見て味わって欲しい。センスブランド

「センスブランド」の新エアロシリーズ『エグゼクティブエディション』。
そのコンセプトは「純正の良さを生かしつつ、ドレスアップカーらしい存在感を発揮し、違いのあるスタイルを演出する」というもの。それをハーフエアロで実現するとなるとかなり敷居が高いように思えるが、実際はどうだろう。
フロント、サイド、リヤのエアロは、実にコンパクト。しかしながらその中に多彩なラインが投入される。エッジの効いたもの、滑らかな曲線のもの。
それらを出したり引っ込めたり、所によっては三次元的な捻りを加えながら、立体的でメリハリのある表情を作り出している。センスブランド「厚み的には純正プラス25mm程度。しかし車高を落とせばしっかりと隙間が埋まり、ローフォルムが際立つと思います」と同社の中澤サン。
これら3点に加えて、「センスブランド」のトレードマークであるツインフォグキットやアンダーアイライナー、主張の強いエアロフェンダーやトランクスポイラーの存在も、コンセプト実現に一役買っている。
特にツインフォグの眼光は表情を大きく変えてくれるし、210系クラウン特有の筋肉質なラインを強調させたエアロフェンダーは、より逞しい雰囲気をもたらしてくれるだろう。
「これらのパーツもポン付けできるのがウリ。例え純正バンパーのままだとしても、それぞれは結構な変わり映えを実現してくれます」。
現行車ゆえイジれない、でも変えたい─。相反する願望を、エグゼクティブエディションは叶えてくれる。

センスブランドフロントは純正ボトムラインに沿って装着するリップタイプ。大きさ的にはバンパーから下にプラス25mm程。走りに支障を来さないサイズ。前方へも突出させて、アスリートならではの鋭さを強調するデザイン。左右両端はエラのようなリブを設けて、空を切り裂くイメージに。グリル下は立体的なAラインを造形。塗り分けもしやすい。

センスブランドリヤは純正アンダーパネルを外し、被せて装着するハーフタイプ。中程まで到達するディフューザー面が、のっぺり感を完全に払拭する。側面も三次元曲面で造形。中央はディフューザータイプで、内巻き処理によりフィンの収まりも自然に。マフラーはオーバルデュアル(各120φ)の『ブライザー』がジャスト。マーカーは純正品。

センスブランドハーフタイプでもツインフォグは健在。フォグポケットの造形も鋭く、変わり映えは劇的。純正フォグ&台座を交換するだけで装着可な手軽さも魅力。

センスブランドこちらも「センスブランド」ならではのパーツ『アンダーアイライナー』。クロームメッキの輝きで華やかさと高級感をアップ。両面テープで装着OK。

センスブランド純正パネル交換型のエアロフェンダー。シャープな2連のダクトが刻まれ、疾走感をアップする。
今回の210系クラウン用はそれに加え、フェンダー上部のラインが、純正よりも隆起しているのが特徴だ。

センスブランドサイドステップも『エグゼクティブエディション』専用デザイン。三次元曲面による立体感とダクトが、今っぽい雰囲気。

センスブランド天面は伸びやかに反り、裏面は滑らかな捻りで造形されたハネ。しっかり違いを出せる中振りサイズもポイント。

210系クラウンのエアロをリリースするセンスブランド
TEL0467-38-7432 http://www.sensebrand.jp

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】