車体の振動を抑え走安性がアップする「ボディダンパー」


特殊ダンパーで車体のネジレや振動を抑制
走安性を高めるだけなく質感もアップする

「ヤマハ発動機」が開発したパフォーマンスダンパーは、タワーバーやスタビライザーとは異なる発想を持たせたボディパーツ。あのトヨタも一部のスポーツモデルに採用するなど、その効果は高く評価されてきた。
そして、ヤマハ発動機から承認を得てアフターマーケットに送り出すのがドイツ車のチューナー「COX」。トヨタ系チューニングブランド「D-TEC」もイチ早く注目し、トヨタやレクサス車用のボディダンパーをCOXと共同開発している。
その名は『ボディダンパー』。セダンからSUVやミニバンで、どんな恩恵が受けられるのだろう。

『ボディダンパー』は、車体底面のフロント側/リヤ側に設定されている(一部の車種を除く)。
路面からの振動や車体のネジレを、減衰力を発生する特殊ダンパーによって抑える効果を発揮。
車体の変形を抑制することで、不安定な挙動変化や直進安定性を取り戻すというのだ。

3つの状況(ノーマル、タワーバー装着、タワーバーとボディダンパー装着)を想定した金属製フレームで音響比較。
わずかな揺れや振動の違いが、響きに大きく影響する。この数ミリを吸収&分散し、乗り味や走りの質を高めるのだ。

また、段差などで変形した車体が元へ戻る時の反発力を穏やかにするため、突き上げ感やゴツゴツ感も解消。乗り心地も改善可能となる。

C-HR、アルファード、ヴォクシー、クラウン、レクサスISなど、トヨタとレクサス車用を設定中。
近年のボディ剛性が高まっているとはいえ、自動車メーカーも認めたパーツ。
お値段は少々高めですが、いかがでしょうか。

COXボディダンパー ¥97,200〜¥143,640

ボディダンパーの適合はコチラ
マスターワン TEL044-870-8311 http://www.master-one.jp/

【関連記事】