巨艦タンドラにド迫力&オトナなセンスのウーファー9連装!!【クロスファイブ2017 TOKYO】


キッカー製オーディオやリジッド製フォグなど
USブランドをフル装備

アメリカ〜ンなクルマの祭典「クロスファイブ」(7月17日、東京・味の素スタジアム)には、USを意識したクルマが勢揃い! 日本では最近あまり目にしないピックアップトラックも、アメリカでは超ポピュラーなだけに数多く出没していたが、その中でも大人な雰囲気と迫力のカスタムオーディオが目を惹く1台を紹介しよう。

今回ピックアップしたのは、アメリカの有名カーオーディオブランド『キッカー』の日本法人ブースに展示されていたトヨタ・タンドラ。海外専売のフルサイズピックアップだ。
注目はリヤシートスペースを一杯につかったオーディオメイク。12インチのウーファーをなんと9発も装備!

しかも、内装にはブラウンのスェードを使ってフル張り替えを敢行。
ドアスピーカーはアウターバッフルで音抜けを良くするなど、ボリューミーなカスタムオーディオを搭載しながらも、高級感満点のオトナな雰囲気を醸し出すことに成功している。

エクステリアは、オフロードマシン的テイストを投入。ホイールに、やはりアメリカブランドのKMC製『XD』シリーズの20インチを装着。ゴツいブロックタイヤはニットー製『トレイルグラップラー』で、205/55サイズを前後にセットする。

フロントのバンパーガードも、ハードなフィールドを走破するオフローダー的雰囲気をアップするアイテムだ。

先端に装着されたLEDフォグもUSブランドで、その品質の高さで最近人気の『リジッドインダストリー』製をセット。比較的コンパクトなユニットのため主張し過ぎず、しかも光量は折り紙付き。全体のフォルムを活かしながら、個性を主張する絶妙なバランス感覚が垣間見られるパーツセレクトだ。

全体をUSブランドにこだわり、しかもセンス良くまとめたお手本的この1台は、グッドセンス賞に(勝手に)認定!