25年間の古臭さを解消、いまだ深化を遂げる”BEAT”カスタム【KING OF K-CAR】 (1/2ページ)


鮮やかなボディカラーで魅了する2台のビート
フレッシュなオーナーらしいイマドキを投入へ

悪天候のため、翌日に順延して開催された「KING OF K-CAR Vol.11」。Kカーを主体としたカスタム誌”K-STYLE”による「K-STYLE CUP Vol.4」も併催し、全国から数多くのKカー乗りが集結した。
そこで見つけた異色のユーザーカー2台。発売から25年以上という、ホンダの誇る2シーターオープンの軽自動車「BEAT(ビート)」だ。
フレッシュな世代が、古臭さを払拭する多彩なアレンジを投入し、現在の”S660″にも負けないオーラを漂わせていた。king of k-car キングオブケーカー ビート ホンダ

 

オーナー自身も語ってくれたが、このビートは他車とは違う”完全オリジナルの一台”。ボディは、レインボーフレークを混ぜたフェラーリ・ロッソコルサのレッドに、足まわりは「シュピーゲル」の車高調をベースに他車種用ダンパーを組み合わせ、スプリングレートはF:7kg/R:8kgとマイルドな乗り味にセッティング。
オーナー曰く「乗り心地はそんなに悪くない」とか。しかも、この車高でイベント会場までくるのだから恐れ入ります。king of k-car キングオブケーカー ビート ホンダ「こういったイベント用に作ったクルマですが、あくまでストリートカー。コンビニや弁当を買いに行くとか、今後は日常でも使いたいですね」と柿原サン。実は彼の弟はビート直系のS660を極低車高でドライブしているとか。king of k-car キングオブケーカー ビート ホンダ

テールまわりも、サイドステップ同様「レーシングハマー」がベース。
マフラーの「フジツボ」は、リアバンパーの開口部に合わせてマフラー口径を小さくモディファイ。内巻きデザインだった「レーシングハマー」のサイドステップを張り出すように加工したのもうなずける。

 

king of k-car キングオブケーカー ビート ホンダホイールはワークの「マイスターM1」(F:15×7・ET35/R:15×8・ET30)。ボディ同様にホイールのディスク面にもフレーク塗装が施される。
タイヤサイズは、F:165/45、R:185/45。ホイールの奥に見えるのは、「エンドレス」のブレーキキャリパーだ。

king of k-car キングオブケーカー ビート ホンダフロントバンパーはワンオフ制作。ヘッドライトから下をBMW・M3の社外品のカーボン仕様とニコイチに。もちろん、そのままのサイズで付くわけもないので、タテヨコのサイズをストレッチしてバランスをとる。

king of k-car キングオブケーカー ビート ホンダ個性的なインテリアも必見の内容。「ブリッド」のフルバケットシートに、シートベルトは「タカタ」に巻き替え。メーターフードもブラックベースにフレーク塗装を施した。
また、圧巻なのが「スパルコ」のステアリングの巻き替えと大胆なカット。ゲーム用のステアリング?ぐらいコンパクトに感じる。ドアのアウターバッフル含めデッドニングなど、サウンドメイクもお見事だった。

king of k-car キングオブケーカー ビート ホンダセンスフルな印象を受けたのがリアウイング。
フェアレディZ(Z32用)の純正加工なのだが、そのままトランク部に載せるのではなく取り付け部のステーをイチから作り、トランクのラインに合わせるよう後方へとセッティングした。
オープンボディとの相乗効果で、より低く長くボディを見せることに成功している。

king of k-car キングオブケーカー ビート ホンダ柿原崇志サン(岡山県)

【↓次ページに続く↓】