スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは (1/2ページ)

スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受
電波を転送して盗難する「リレーアタック」

 最近、新聞や一部のWEBメディアで取り上げられている「リレーアタック」という車両盗難。
カンタンに言えば、スマートキーから発信されている電波を傍受し、クルマを解錠・エンジン始動して盗難してしまうというもの。

 キャッチした電波を車両のそばにいる仲間へ転送して車両盗難をするということから「リレーアタック」という名が付いたようだ。

【関連記事】次期GT-Rへの布石か? 量産EVの先駆け「リーフ」がスポーティな「ニスモ」と「オーテック」をあえて用意する理由とは

リレーアタック画像はこちら

 スマートキーを持ってクルマに近づけば施錠解錠が可能で、さらにエンジン始動なども行えるのはご存じのとおり。もちろん、クルマごとに電波は暗号化されているので、クルマが異なれば反応しない。その電波は微弱で、スマートキーから約1〜2mくらいしか届かない。

 ところが、この電波は常に発信されているので、クルマの所有者を窃盗団が尾行して電波を傍受。その電波をクルマのそばにいる仲間へ電波を転送すれば、クルマは所有者と勘違いして盗難されてしまうわけだ。

 ちなみに従来のリモコンキーは、電波や赤外線で施錠解錠を行う。スイッチを押したときだけ電波や赤外線が飛ぶ仕組みなので、リレーアタックの心配はない。そもそもエンジンスタートはキーを使用するので、車内に入れても、クルマを動かすにはイモビライザーをカットするなどが必要だ。

減少していた車両盗難件数が再び増加する

 京都府でウインドウフィルムやカーセキュリティの施工を営む「ビーパックス(B-PACS)」の井上代表は、この「リレーアタック」という車両盗に警鐘を鳴らす。

「イモビライザーの装着率が高まり、10年前に比べ車両盗難件数は半分くらいになっています。それは、カギを壊して車内に入れても、エンジンを始動するには技術が必要でした。つまりその道のプロでなければクルマを盗めなくなってきたのです」

【関連記事】次期GT-Rへの布石か? 量産EVの先駆け「リーフ」がスポーティな「ニスモ」と「オーテック」をあえて用意する理由とは

リレーアタック画像はこちら

 イモビライザーは、キーに埋め込まれた電子チップがもつコードを車両側が認証しないとエンジンは始動できない電気的な防犯装置だ。

 昔の映画のように、ステアリングの下に潜り込んで配線を引っ張り出して、エンジンをスタートさせるなんていうのは、イモビライザー装着車には通用しないわけだ。リレーアタック画像はこちら

「ところが、スマートキーの電波にはイモビライザーの認証まで含まれていますから、解錠ができたらエンジンは始動できてしまうのです。しかも、リレーアタックで使用する傍受機とクルマのそばにいる窃盗団の受信器(発信もする)は、カンタンに入手できるようです。つまり、とくに技術も必要なく車両盗難ができるわけです。言い方は悪いですが素人窃盗団が増えるかもしれません」と井上代表。リレーアタック画像はこちら

画像ギャラリー