【東京モーターショー速報】マツダ・注目車種ダイジェスト「魂動デザイン」がさらなる深化へ


次世代コンセプトモデルとともに発表された
“MAZDA Elegance”を体現した妖艶ボディ

10月25日のプレスデーからスタートした「第45回東京モーターショー」のマツダブースでは、ロードスターとデミオの特別仕様車を展示。さらには「次世代商品コンセプトモデル」や「次世代デザインヴィジョンモデル」をテーマに掲げる2台など、マツダ新時代の幕開けを感じさせるクルマも披露された。

 

【MAZDA KAI CONCEPT】東京モーターショー tokyomotorshow mazda マツダv

今回、マツダのなかでワールドプレミアムとなった「MAZDA KAI CONCEPT」。
マツダの最新技術を取り入れたガソリンエンジン「SKYACTIVE-X」と、車両構造技術「SKYACTIV-VEHiCLEARCHITECTURE」を採用したコンセプトモデルである。流れるようなデザインのエクステリアを見てもわかるように、次世代の”魂動デザイン”を表現したもの。マツダの考える「理想のクルマ作り」を具現化した。東京モーターショー tokyomotorshow mazda マツダ

【VISION COUPE】東京モーターショー tokyomotorshow mazda マツダ

こちらは、デザインビジョンモデルの「VISION COUPE」。
“魂動デザイン”の表現方法をさらに深化させ、次世代デザインの考え方を具現化したもので、躍動感みなぎるダイナミックなフォルムを描く。
世界中から高い評価を得るマツダのデザインが、未来に向けて発信する表現力。新たなデザインの指針となる期待に満ちた1台である。東京モーターショー tokyomotorshow mazda マツダ

 


【ROADSTER RED TOP】東京モーターショー tokyomotorshow mazda マツダ

今回のマツダブースでは、ロードスターの特別仕様車もお披露目。
この「ロードスター・ レッドトップ」は、ダークチェリー色のソフトトップやオーバーン(赤褐色)のナッパレザーを使ったインテリアを採用する。東京モーターショー tokyomotorshow mazda マツダ

 

(撮影:柴田幸治)