【東京モーターショー速報】男の憧れ!街乗りができるレーシングマシン『ポルシェ911GT3』


レーシングカーと同じ性能を持つ911 GT3

ジュネーブモーターショーでワールドプレミアとなった『ポルシェ911 GT3』。ポルシェのワンメイクレースなどで使用するレーシングカー「ポルシェ911GT3カップ」。このユニットをほぼ仕様変更することなくそのまま搭載しているクルマが、この『ポルシェ911 GT3』だ。
4リッター水平対向6気筒ユニットは、自然吸気エンジンながら高回転型にセッティングすることにより最高出力368kW(500ps)/8,250rpm、最大トルク460N・m/6,000rpmをマークし、パワーウエイトレシオは3,88kg/kw(2.86kg/PS)。
GT3専用のデュアルクラッチトランスミッションを介することにより、0~100km/hをわずか3.4秒で駆け抜ける実力をもちあわせ、最高速度は318km/hをマークするなど、まんまサーキット仕様のロードゴーイングマシンとしてのスペックを誇っている。

ポルシェ911GT3、サーキット、カップカー

マクファーソンストラット&マルチリンクのサスペンションは、コーナーリングでもストレートでも安定したフィーリングをみせ、911カレラSより25mm低くセットされた車高により、ハンドリングは実にシャープ。速度に応じて後輪と前輪を同位相、逆位相に操舵するアクティブ・リアアクスルステアを採用させるなど、先進技術も搭載され、安定性と俊敏性が増している。
ポルシェ911GT3、サーキット、カップカー

ポルシェ911GT3、サーキット、カップカー

インテリアはまさに男の仕事場!

サーキットで快適な走行を約束する911 GT3のコクピットは、360mmのスポーツステアリングを装備し、サイドサポート性能に優れたスポーツシート・プラスを標準装備。さらに、18wayの調整機能すべてを電動で行うことができるアダプティブスポーツシート・プラス、可倒式バックレスト&内蔵式胸部エアバックおよび手動式前後調整機能をもったスポーツバケットシート、カーボン模様仕上げのCFRP製フルバケットシートなども用意され、オーナーの好みに応じて装着することができる。
また、先進技術のひとつでもあるポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステムは、トラックプレジションアプリをつかうことでスマートフォン上にドライビングデータを表示、記録させることもできドライバースキル向上のための分析を行うことができる。

ポルシェ911GT3、サーキット、カップカー

バケットタイプの本格的シートを採用。サーキットにおいてもその性能をフルに発揮する。そんな高性能なマシンともいえるGT3だが、ロードカー・ポルシェとしての快適な装備も充実している。ポルシェ911GT3、サーキット、カップカー
レーシングカーと同じテストコースで開発が進められ、同じ生産ラインで完成する911 GT3。日頃は快適に街乗りをこなしながら、サーキットにいけばレーシングマシンとしてその性能をフルに発揮するこのGT3。男にとって1度は乗って見たい魅力的なクルマだ。

ポルシェ911GT3、サーキット、カップカー

このレーシングカー・ポルシェ911GT3カップの技術を惜しみなく注ぎこんだ市販車スポーツが、911 GT3だ。