17年前の傑作、スバリスト垂涎『S201』をSUBARU有識者が試乗


山本シンヤとマリオ高野が
S208の起源モデルをぶった斬る!

『東京モーターショー2017』にて、「SUBARU」のブースでワールドプレミアされた『S208』
STI(スバルテクニカインターナショナル)が、WRCやレースなどで培った技術力を結集した史上最高のSTIコンプリートモデルとの呼び声が高く、スタンダードモデルですら626.4万円〜、とその価格帯も生粋の高性能スポーツであることを表している。東京モーターショー TMS 2017 スバル S208 S201 STI

この『S208』の起源モデルとも言えるべき存在がある。初の”S”シリーズとして誕生した「S201」だ。
今回、SUBARU有識者の山本シンヤとマリオ高野が試乗。マニア垂涎の「S201」に舌鼓を打った。東京モーターショー TMS 2017 スバル S208 S201 STI

まず、初代インプレッサWRX(GC8)オーナーの”マリオ高野”のファーストインプレッション。
「こっ、これは超極上のGC8でイイ。Sシリーズ云々の前にGC8の良さが際立ってますね」と、すでに興奮気味。
一方の”山本シンヤ”は少し冷静に「あの頃から全日本GT選手権に”クスコ”がインプレッサで出たじゃない。WRCのイメージを残しつつ、サーキットでも速いイメージを高めたいんだろうなぁ〜。ラリー以外の道を模索してるんだろうなぁ〜と」。
続けて「”22B”を出した直後だったから、それとは違うモノとして考えたのが富士重工の風洞でしっかりと煮詰めた空力ボディだったんだろうね。そもそも東京モーターショーに出した、前身のエレクトラワンが好評だったから市販化したという流れで……」。東京モーターショー TMS 2017 スバル S208 S201 STI

 

当時の時代背景を鑑みて…

マリオ高野 ”S”シリーズは最初のS201から新境地を開こうと、果敢に挑戦したんですね。その心意気はいま考えるとスゴイ。当時はそんな意図や狙いに全然気が付かなかった。

山本シンヤ 得意のラリーじゃないところで勝負しようという心意気は感じるよね。GC8ベースで”22B”とは違うクルマを作ると考えたら、ここまで大胆な差別化をしないとダメだという、作品。エアロを付けただけでは“S”とは名乗れないので、エンジンもサスペンションにも特別感を与えた。まだ暗中模索だったのかもしれないけどね。

東京モーターショー TMS 2017 スバル S208 S201 STI
エレクトラワンをベースにSTIがコンプリートカーとして市販化。GTカーのようなエアロフォルムでオンロード性能を高めた。
肝心の走りはどうだったのだろうか?

マリオ高野 とにかく乗り味は想像を絶するほど素晴らしい。特にサスペンション。そっくりそのまま自分のに移植したいね。エンジンは、古典的なターボだけどそれがイイし、加速する前に一瞬待つ感じがタマラナイ。僕のGC8もまだ元気だった頃はこんな感じだったなぁ。飛ばすときはアクセルをワンテンポ早めに踏むと、ちょうどイイんだよね。

山本シンヤ 最終型の完熟GC8だよね。意外とガタピシしてない。不等長だしターボラグは大きいけど、軽さで全部カバーしてる。当時はこんな硬いサスに乗れるかって思ったけど、いま思うと可愛いもんですね。(エンジンは)この頃のSUBARUのフラット4は高回転型っていうのが明確。回さないと元気がない感じがイイね。

マリオ高野 そう、上が超元気なら下なんかスカスカでも別にイイんです。このメリハリの強さがたまらないですよ。

東京モーターショー TMS 2017 スバル S208 S201
EJ20をベースに専用パーツやCPUチューニングにより自主規制枠を超える300psを発揮した

 

最後に総評として二人はどう見た?

山本シンヤ ただ、動的質感はない(笑)。やはり硬派だよね。それでも、なんか乗れば乗るほどイイ感じだなぁ。

マリオ高野 S201のポイントは空力と300psのエンジンだけだと思いきや、サスペンションもしっかり”S”シリーズの雰囲気が出てますね。基本はGC8なのでヒョコヒョコして接地感は薄いけど、ノーマルより圧倒的にコンフォート。ベース車はもっとガサツだった(笑)。

山本シンヤ ステアリングが重いと感じるけど、実はもっと手応えが欲しくなる。メカニカルグリップが明らかに足りないところとブレーキは時代を感じさせる。コイツの真価は、やはり高速域だね。

マリオ高野 GC8は最終型になっても高速域でフロントが浮いてくるんですけど、このエアロはその難点をかなり解消してくれるはず。S201を新車で買った人は、猛烈な優越感に浸ってたでしょ。俺はなんて良いGC8を買ったんだ!って。S201を評価しない人はバカだと思ってたかも……」。

山本シンヤ いまや世界が羨望するSTIの“S”の第一弾を買った人は、歴史の生き証人だよね。派手なエアロの改造車と見られながら、実は高度なテクノロジーが宿ったメーカー入魂の高性能車。この本質を見抜いた人はエライ!。

東京モーターショー TMS 2017 スバル S208 S201 STI

S201 STi version 主要諸元
車名・型式スバル・GF-GC8
全長×全幅×全高(㎜)4375×1690×1405
ホイールベース(㎜)2520
トレッド[前/後](㎜)1470/1460
車両重量(㎏)1270
乗車定員(名)5
最小回転半径(m)5.2
エンジン型式EJ20
エンジン種類水平対向4 空冷インタークーラーターボ
内径×行程(㎜)92.0×75.0
総排気量(cc)1994
圧縮比8
最高出力〔ネット〕[kW(ps)/rpm]221(300)/6500
最大トルク〔ネット〕[N・m(kg-m)/rpm]353(36.0)/4000
駆動方式4WD
トランスミッション形式5速MT
ステアリング形式ラック&ピニオン式
サスペンション形式[前/後]ストラット式独立懸架/ストラット式独立懸架
ブレーキ形式[前/後]ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ205/50R16
当時車両本体価格390万円
限定販売台数300台

(レポート:SUBARUマガジン編集部)