ドレッシー鍛造「WALTZ FORGED S5-R」に待望の19インチ登場へ


ハイパフォーマンスとマシニングが織りなす
ヴァルツフォージドの”魅せる高性能”

モータースポーツの頂点であるF1、ル・マン24時間耐久レースをはじめ、様々なカテゴリーにおいて活躍を続ける「レイズ」のフォージド(鍛造)ホイール。
ジャパニーズブランドの雄として、その卓越したクオリティや信頼性の高さに国内外を問わず、絶大な評価が寄せられていることは周知の通り。しかし、そのスパルタンなイメージから、どちらかと言えば「ハイパワースポーツカー御用達」という印象が強いのも事実だ。 そんな中、”レーシングシーンで培った技術をストリートでよりカジュアルに”、というコンセプトで開発されたのが、レイズフォージドの新潮流「ヴァルツフォージド」。
今回注目した『ヴァルツフォージド S5-R』は、これまで17~18インチの設定のみであった”S5″のグレードアップバージョンである。基本デザインは2×5スポークを踏襲するが、スポークの股をマシニングで深く彫り込む。カラーも従来のダイヤカットフェイスを持つプレスドブラッククリアーのほか、新色のブラックダブルマシニングを追加。そのネーミングはスポークの内側部分に塗装前と塗装後と、2度に渡り精緻なマシニング加工を施す工程に由来している。waltz forged ヴァルツフォージド レイズ s5-r単にリム部分に文字を刻むだけでなく、周囲をプレート状に加工した上にロゴをあしらう。
“ヴァルツ”というブランドへの意欲が感じられるパート。waltz forged ヴァルツフォージド レイズ s5-r緩やかなコンケーブを描くディスクは、センターサークル周辺部から中心に向かって一気に落とし込む。力強さと立体感を強烈に主張している。waltz forged ヴァルツフォージド レイズ s5-r複雑な工程を要するダブルマシニング技術により、深く彫り込まれたスポークサイド。高級車の足元にふさわしい上質な光沢を放つ(写真はブラックダブルマシニング)。waltz forged ヴァルツフォージド レイズ s5-r大阪の「カーリラックス」が手がけた130マークX後期とのマッチング例。19インチへのインチアップにより、足元の迫力がグンとアップ。
マシニングの鈍い輝きが、高級感をさり気なく底上げしてくれる。waltz forged ヴァルツフォージド レイズ s5-r  

上級思考なドレスアップシーンでは依然としてマルチピースの人気が根強いが、独自の個性にこだわるなら、フォージド1ピースのホイールでストレートに機能に徹したセットアップを試してみるのもアリだと思う。

WALTZ FORGED S5-R
19inch KK/KW
8.0J 8万1000円/8万3160円
8.5J 8万2080円/8万4240円
9.5J 8万4240円/8万6400円
10.5J 8万6400円/8万8560円

レイズ・ユーザーダイヤル TEL06-6787-0019
http://www.rayswheels.co.jp