BMW Z3がベース!? 現代アレンジも取り入れた「エスカン」流の楽しみ方【ネオクラカスタム】 (1/2ページ)


経験豊富なオトナが似合う
屋根ナシ・手コギ・2シーター

BMWのネオクラメイクは数多く、E30やE36など現役時代に元気だった3ボックス系ベース車でのモディファイが目立つ。しかし、”BMWZ3″がベースとなれば珍しい。
とはいえ、改めてプロフィールを確認するとオープンや左のマニュアルなど魅力がタップリ。何故、これが注目されなかったか疑問ですらある。そこで、脱定番なスタイルアップでも定評のある「S&Company(エスカン)」の登場。
2台のユーザーカーをサンプルに、エスカン流の”Z3ネオクラ”を紐解く。

コンセプトはマツダ・ロードスターの軽快感を輸入車で味わうこと。
オープンで2シーター、しかもマニュアルミッションというスペックに憧れを抱くオーナーのMさんは、付き合いの長い「エス&カンパニー イースト」の深作店長に相談した。今のクルマは安全基準などで大きく重くなっている。見た目も走りも軽快なのは、旧き良き時代の産物である”BMW Z3″だと提案された。こうして手軽な価格で遊べる、ベースグレードの左ハンドル(MT)を購入したのだ。もちろんスタイルアップを施すことが大前提。
「今どきっぽく小綺麗に、いいオッサンが乗っても恥ずかしくない仕様を心掛けました」。とはいえ極端に若々しくするつもりはない。経験豊富なオトナならではの感性で、上質にまとめ上げている。ネオクラ エスカン BMW Z3

真っ赤なボディに組み合わせるステップリム形状の銀色ホイールと、クリアテールとのコントラスト。今どきの過激に反ったホイールやクリスタル系テールを使わず、オトナの余裕を感じさせる。
楽しい走りこそが、このクルマのお題なので、ブッシュ類に凝り、吸・排気系にも着手。小気味いいシフトは、ショートストローク化も可能だが、入りが渋くなるのでやってない。そんな随所のヤリ過ぎ注意が隠し味になっている。ネオクラ エスカン BMW Z3

ヒトがやってないものを探すことが深作店長の大好物。
今回紹介する2台にしても、手頃な左ハンドルのマニュアルミッションで 走りが楽しめるZ3。BMWのネオクラとくればE36の318isが王道ゆえ、あえてZ3を提案した。
ちなみに、超希少なタルガトップの「BMW318TCバウア」は、店長の大切な愛車。ネオクラ エスカン BMW Z3

 

話は戻ってMさんのZ3だが、フロントバンパーは後期型純正を流用。Z3に精通しているヒトにしか違いは判断できないとってもマニアックなモディファイだ。ネオクラ エスカン BMW Z3

ホイールは日本製の「バラマンディ」となり、セミオーダーながら海外製よりもリーズナブルらしい。
また、テールランプは定番のクリスタルではなく、レッド×クリア仕様を選択して赤ボディとの相性を考慮。さらにマフラーは、太すぎないデュアルタイプ。このさりげなさにも好感が持てる。

ネオクラ エスカン BMW Z3

高速道路もオープンで走りたいので生み出したワンオフのウインドディフレクター。風の巻き込みが、あるとなしとでは大違いのようだ。ネオクラ エスカン BMW Z3


また、エンジンルームにはカーボン素材のエアクリーナーで
スパルタンに演出。シートは品質と性能を鑑みて、定番のレカロをチョイスし、ステアリングは程良いディープ形状で、その気にさせるナルディ・クラシックを選択した。ネオクラ エスカン BMW Z3

 

SPEC
エクステリア:後期純正フロントバンパー、クリアテールウインカー
ホイール&タイヤ:バラマンディRaycod(8.5×17)&コンチネンタル(205/45)
足回り:ST車高調
チューニング:オリジナル・マフラー、カーボンエアクリーナー、M3純正フロント・アッパーマウント/ロアコンブッシュ、強化スタビライザー
インテリア:ナルディ・クラシック、BMWパフォーマンス・シフトノブ、レカロシート、オリジナル・ウインドディフレクター

【↓次ページに続く↓】