「WALD」のC-HRが大阪モーターショーにて待望のデビュー


“面”構成のエッジを高めたデザインに
材質はクオリティ重視のABS製を採用

クーペ・ハイライダーの意味を持つトヨタ C-HRは、コンパクトSUVでは際立ったスタイリングが印象的。まるで彫刻で造形したようなエッジの効いた面構成を、より強調させるデザインのボディパーツを「WALD(ヴァルド)」がリリースした。そんなC-HRに与えたシリーズは、疾走感を高められる「スポーツライン」。フロント、サイド、リアという潔い3点構成で展開する。

【WALD SPORTS LINE C-HR】wald ヴァルド c-hr エアロ wald ヴァルド c-hr エアロ

ハーフタイプとなるフロントスポイラーは、50プリウスに採用したコルセアタイプのデザインが印象的な、スポーツライン形状を採用。左右には、”WALD”のアイコンといえるアローデザインのメッキパーツを付属する。wald ヴァルド c-hr エアロ

サイドステップは、後方に向かってウイングのように広がるライン形状に。エッジを効かせたサイドラインのボトムを強調し、疾走感をも与えるデザインに仕上げた。wald ヴァルド c-hr エアロ

リアはインパクトのあるディフューザータイプを採用したハーフ形状。細部にまで拘った複雑なデザインを持たせた純正アンダーモールとの交換式となり、センターのストップランプは、純正をそのまま活かす設計となっている。wald ヴァルド c-hr エアロ

 

なお、フィッティングを考慮すべくABS製を採用したのもポイントで、精度の高さや面の美しい仕上がりも魅力。その勇姿は、大阪モーターショー(12月8〜11日)にて初披露される。

商品名価格・税別備考
フロントスポイラー¥65,000メッキパーツ付属。
サイドステップ¥52,000ドアパネルエアロカバー付属。
リアディフューザー¥48,000別途マフラーアダプター必要。
3Pキット (F, S, R)¥115,000
マフラーアダプター¥5,000

ヴァルド TEL072-673-3000
http://www.wald.co.jp