ガイジンさんたちが作る、本場のユーロカスタムは盗むところがいっぱい! (2/4ページ)

 

Golf6[ひと型前で作例充実。しっかりヤレばまだまだ現行に負けないゾ!]

やはりひと世代前だと古さを感じないから、とてもスタイリッシュ。カラーリングも自由に変えて、ローダウンもボディ加工も過激で楽しい!

 

スムーズボディを際どくローダウン

【関連記事】あえての17インチを選択! ツライチのS2000が圧巻の存在感だった【2022 RAYS FAN MEETING】

ヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3イギリスからやってきたG6R顔のGTI。ステップリムのCCWを痺れるようなポークセッティングで履きこなす姿に人だかりが。シートはフルビューということで、英米ブランドでまとめています。

3ピースのCCWクラシックでディスクはスッキリ系のホワイト。ボディカラーとのコンビは爽やかですが、セッティングはシビア!

アメコミ風ラッピングでポップにアクセント付けヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

マットなロイヤルブルーでラッピングしたGTIを発見。バンパーやディフューザーに差し色、というよりも柄ラッピングを導入。シブいボディとは対照的にポップなアメコミ柄というのが面白い。

グリルまでブラックアウトして沈み込ませたところにGTIを3色でペイント。この浮き上がらせ方、技アリですね!フロントバンパー開口部のラッピングも面白いです。

地味だけど無視できないスラムド一発の凄みヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

レンズ類をスモーク加工でトーンを落としているので全体的に地味な印象。しかしガッツリとローダウンした上で、ハイインチのロティフォームを投入しているので、秘めたる凄みが滲み出ています。

ロティフォームのBLQをガッツリと沈めて履き込む。幾何学的なメッシュがトーンを落としたボディの中で存在感を強く主張。

フットワーク系ブランドでトータルコーディネイトヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

ドイツのカスタムブランド「TAテクニクス」のアイテムでまとめたGTI。基本的にはローダウン+オリジナルホイールのみだけど、19インチを履きながら、スポークまで被った下げっぷりが見事!

車高調とエアサスの両方をラインアップするのがTAテクニクスの特徴。ロワードフリークに人気。このゴルフはもちろんエアサス。

色技の巧さに注目手数少なめでも目立てますヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

白ボディにゴールドのOZウルトラレッジェーラという王道の組み合わせ。ローダウンはエアサスにて。ここまでは現地でも定番ですが、使った色がライムグリーン。この色だけでドーンとキャッチーに変身です。

普通なら文字を塗りそうなものですがペースを塗ってます。エンブレムも天面は黒。細かい塗り分けの工夫が楽しいですね。

ヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

 

デザイン勝負のTシャツ屋。だからこその派手さヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

ボディをマルチカラーでラッピングしていたGTDはTシャツ屋さんのクルマ。デザインに長けた職種だからこそ、ボディのグラフィックデザインも巧みです。

足元はトマソンTN4をマットに。派手なボディとは真逆のトーンを落とした足元でコントラストを付けています。

カブリオレでも某球団的色技でインパクトを稼ぐヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

G6Rバンパーを導入したカブリオを発見。グロッシーなオレンジとブラックという巨●軍のようなバイカラーは誰が見ても印象に残ります。ルーフを開けたらまた印象が違うんでしょうね。

ボディ同様にバイカラーで仕立てられたホイール。交互にスポークを塗り分けているのでデザインが引き立つ仕掛けです。

丘サーファースタイルを気取るベタベタGTIヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

シブいマットグレーのラッピングに、サーフボードまでカラーコーデした1台。ボルトやキャリパーにチラッとライトブルーを差して、ワンポイントコーデ。この控えめな感じがたまりません。

ABT DRは元々バイカラーなので、そのマットグレーをボディに引用したのかと。選んだ差し色の青、大正解だと思います!

ヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

 

角度で色の変化を楽しむマジョーララッピングヴェルターゼ、ゴルフ、BMWアスファルトファイバー、BMW、E60、Z3

玉虫色とはよく言ったもので、芝生の上で甲虫っぽくグラデーションするボディに目が惹き付けられました。エアライドで落とした足元にはチェリーレッドのメッシュホイールがドーンと入ります。

コンケーブメッシュの大径っぷりがなんと強烈ですが、さらにボディとの色合わせ具合が確信犯的。インパクト絶大なのです。

【↓次ページに続く↓】

画像ギャラリー