250万円は高額か否か、マツダのレストアプランで甦る初代ロードスター (1/2ページ)


マツダ純正レストア・プランは
極上のフルオプションで総額485万円なり

2017年12月よりマツダは初代ロードスターのレストアをWEB申し込み受け付けを開始。その前に行われた事前説明会では600名以上の申し込みがあったそうだ。
さらに製廃パーツの再販なども行われる模様で、初代ロードスター(NA型)オーナーには朗報といえる。
まだまだ未確定の部分も多いが、メーカー主導ゆえレストアレベルは高い。だがお値段もそれなりに高くなっている。

ロードスター平成元年から途切れることなく発売されているマツダ・ロードスター。ギネスブックに認定されるほどの販売台数を誇るオープン・スポーツであり、世界中に愛好者がいるほどだけに、日本を代表する名車といって間違いない。
その初代モデルとなる『NA6CE型ロードスター(当時はユーノス・ロードスター)』のレストア・プランを「マツダ」が発表した。ロードスター

気になるレストア価格は、最低でも250万円(税込:以下同)と安いとはいえない。
しかし内容は、エンジンや窓等まで外した状態での最新技術での全塗装、ボンネットやドアといった”フタ物”と称される部分は防錆力の高い電着済み新品部品へ交換されるほか、燃料ホースや灯火類も交換するほどの徹底ぶりで、まるで新車に戻ったかのような姿へと復活を遂げる。ロードスター

これらのレストアに関する相談は、ロードスターアンバサダーの山本修弘氏(やまもと のぶひろ・写真一番左の男性)をはじめとしたマツダの担当者がオーナーと面談して、個々の要望やクルマの状態に合わせてサービス内容を決定していくという。ロードスター

これが基本メニューで、オプションとしてインテリア(インパネやトリム、シート表皮張替等)が70万円、エンジン&パワートレイン(エンジン・オーバーホール、吸排気や冷却部品やトランスミッション等の交換)が80万円となる。ロードスター

この他、シャーシ&サスペンション40万円、エアコン25万円、タイヤ&ホイール20万円。
フルレストアともなれば(基本+全オプション:つまり全部載せ)485万円のメニューとなるわけだ(オプションのみの注文は不可)。

ちなみに実際の作業を見学できるうえ、納車の際にはレストア作業(作業前&作業後)を写真に収めたフォトブックと、テュフラインランドジャパンのクラシックカーガレージ認証査証も贈呈される。 ロードスター

ガレージ認定査証とは、ドイツに本社のある第三者機関である「テュフラインランドジャパン株式会社」のサポートのもと、レストアサービス受けた車両は同社のクラシックカーガレージ認証を取得し、レストアの品質を保証されるというもの。
世界有数の第三者認証機関のお墨付きが得られるというわけだ。ロードスター

「30年近く前の初代ロードスターに、新車価格以上の(最低でも)250万円も!?」と思う方もいるだろう。だが、長年乗ってきたユーザーからしてみれば、思い入れもあるだろうし、ちょこちょこ金額をかけるよりも思い切って依頼した方が結果的には予算を安く抑えられる。ロードスター

ただ、このレストアにはいくつかの課題はある。
そのひとつが錆びがひどい車両では受けられないということ。さらにレストア期間が2カ月程度かかる。
ローンのプランが設定されていないことだ(個人的に金融機関のローンを使用することは問題なし。あくまでもマツダでのローンは設定されていない)。
とはいえ、ユーザーの要望次第では再販パーツの内容も含め、状況が変わる可能性も残されているようだ。

今回発表された対象モデル

  • NA6C 前期 ‘89.9-‘91.7 NA6CE100000-150228
  • NA6C 中期 ‘91.7-‘92.8 NA6CE150229-
  • NA6C 後期 ‘92.8-‘93.7 NA6CE200000-

マツダオフィシャルサイト
http://www.mazda.co.jp/carlife/restore/?link_id=sbnv

画像ギャラリー