C-HRに光のアクセントと華やかさを与える内外装パーツ【大阪オートメッセ2018】

欧州車テイストを強調する
スパイスの効いたアイテム

大阪オートメッセに展示される、このトヨタC-HRは、「エスプリ」のエアロでデコレイトされたオーソドックスなローダウン仕様。
それでいて、インパクトのあるスタイルに仕上がっているのは、欧州車テイストを強調する「ランボ」の新作アイテムがボディの各部に加わえられているためだ。エクステリアを彩るのは、LEDデイライトキット(ハザード&ウインカー兼用)と、リアバンパーに備わるLEDリフレクターガーニッシュキット(ポジション&ウインカー兼用)のイルミネーションである。

C-HR ランボ LANBO 大阪オートメッセ2018

そしてインテリアの側面には、インテリアパネル/インストルメントレザーパネル/ドアレザーパネルが加わり、レザーシートカバータイプリュクスとステアリング(タイプ1と2/ブラックカーボンとピアノブラックが有り)がゴージャスな雰囲気を引き出す。
これらのアイテムは、出来立てホヤホヤの新作となり、大阪オートメッセの会場内ではデモカーに装着し、展示されている。C-HR ランボ LANBO 大阪オートメッセ2018

「ランボ」のブースでは大阪オートメッセならではの特価価格で一部パーツを販売中。
近日中にはマイナーチェンジしたばかりのアルファード&ヴェルファイア後期用、Nボックス用などのパーツも予定している。C-HR ランボ LANBO 大阪オートメッセ2018

 

LANBO TEL072-447-6728
http://www.lanbo.co.jp/


画像ギャラリー