目指すは究極のオールラウンダー! 「ブリッツ」のスイフトスポーツが登場【大阪オートメッセ2018】

目指すは究極のオールラウンダー! 「ブリッツ」のスイフトスポーツが登場【大阪オートメッセ2018】

純正インジェクターを最大限に使った、
BLITZが提案するファーストステップ

先代までのNAに代わりターボエンジンを搭載し、チューニングの素材として魅力が増した、スズキ・スイフトスポーツ。本日より開催中の『大阪オートメッセ2018』で、ブリッツがオリジナルパーツで武装したデモカーを展示してきた。

「ブリッツ」はコンパクトなサイズと手ごろな価格、キビキビ走る軽快さをイチバンの魅力と位置付け、ストリート仕様として開発をスタート。タービン交換による大幅なパワーアップは、直噴エンジン用の大容量インジェクターがないため、コスト的に現実的とはいえなくなる。そこで純正インジェクターを限界まで使い、適度なパワーと十分な耐久性を両立するのがベストと判断。現在は吸排気系とスロットルコントローラーによるライトチューンで、今後は純正インジェクターで足りる範囲でのブーストアップ、最終的にはハイフローターボのリリースまでを目指すという。
また、完成したばかりのエアロパーツ『エアロスピードRコンセプト』は、ストリート映えするアグレッシブなデザインと、空力の向上や重量増の抑制まで考慮した本気の設計。足まわりは『ダンパーZZ-R』を装着し、フロントには開発中のビッグキャリパーをセットするなど、サーキットでのスポーツドライビングも十分に楽しめる。BLITZ ブリッツ スイフトスポーツ 大阪オートメッセ

リップスポイラーやディフューザーなどの追加は重量増に繋がり、引いては軽快さをスポイルしかねない。そこでエアロはすべて純正を取り外して交換するタイプとした。
フロントバンパー左右のダクトには、テープ式のLEDを後付けするためのスペースが設けてある。リヤバンパーは4本出しマフラーに合わせた専用設計。BLITZ ブリッツ スイフトスポーツ 大阪オートメッセ

吸気系は最新の『カーボンパワーエアクリーナー』だが、パイピングのレイアウトは変更される可能性アリ。写真では見えないがインタークーラーも装着されている。冷却系はラジエーターのキャップとホースが変更済み。BLITZ ブリッツ スイフトスポーツ 大阪オートメッセ

 

開発中のブローオフバルブ。スポーティな作動サウンドに黒と赤を組み合わせた精悍なボディは、エンジンルームのドレスアップにも最適だ。将来的なブーストアップにも対応。BLITZ ブリッツ スイフトスポーツ 大阪オートメッセ

 

アクセルレスポンスを自由自在にコントロールする『スロコン』は、エコ/スポーツ/オートなど25のモードを標準搭載する。室内に装着したコントローラーは、コンパクトなサイズながら視認性に優れるVA液晶を採用。

ストリート仕様ということで、専用フロアマットも製作した。黒ベースに赤のライン、そして下部にはブリッツのロゴマークが入る。BLITZ ブリッツ スイフトスポーツ 大阪オートメッセ

 

フロントに装着されたビッグキャリパーキット。高い制動力でスポーツドライビングを支えつつ、前後バランスやラジアルタイヤとの相性を追求する。ドレスアップパーツとしても需要も多く、正式リリースが待ち遠しい。BLITZ ブリッツ スイフトスポーツ 大阪オートメッセ

 

開発中の『ミラクルキャンバーアジャスター』により、フロントのキャンバー角は約4.5度を実現。スイフトスポーツは、アッパーマウントでのキャンバー調整ができない構造なので、偏心カムを用いたパーツを開発。ノーズの入りがよくなり見た目もカッコいい。

このようにスイフトスポーツに熱い視線を注ぐ、ブリッツ。今後の動向にも注目しておきたい。

 

(撮影レポート:佐藤 圭)


画像ギャラリー