懐かしさと新鮮さを醸し出す、’80〜’90年代VIP創世記セダン×3台【大阪オートメッセ2018】

当時ものパーツが満載の「Y31シーマ」に「131クラウン」、「10セルシオ」が競演

高級セダンをドレスアップするのがご存じVIPカー。
その創世記である80年代後半〜90年代初頭に活躍したクルマたちが、「大阪オートメッセ2018(2月10日〜12日、大阪府・インテックス大阪)」に集結した。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK

当日を知る人には懐かしく、知らない若い世代には新しさが感じられる、注目の3台を紹介しよう。

大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK

VIPスタイルのパーツブランドとしておなじみ、「Kブレイク」ブースに展示された3台。まず、「ニッサン・シーマ(Y31型)」は、同社代表の大林氏がプライベートで所蔵しているもの。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK 大林

ガレージ保管されている車両は、塗装もまるで新車のようにピカピカで、旧車によくあるヘッドライトのくすみなども皆無だ。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK

装着パーツは、すべて’80-’90年代のVIP創世記に人気があったものをフル装備する。

前後バンパーやサイドステップなどエアロはすべて「インパル」製で、フロントリップには「ジャンクションプロデュース」製のインパル用を装着。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK

ホイールは「O・Z」製18インチ、マフラーはバラムンディを採用。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK

特に、「セントラル」製のリヤウイングはなかなか手に入らないという超レアものらしく、当時を知る人には垂涎のパーツだ。

大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK

そして、「トヨタ・クラウン(131型)」には、同じく当時ブレイクしたジャンクションプロデュース製フルエアロをセット。ベースはV8・4Lエンジン搭載車だが、エアロは3Lエンジン車用なので、多少加工はしているものの、その違和感はまったくなし。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK「ガルトマイヤー」製の18インチホイールや純正エアサスながら適度にローダウンしたそのフォルムは、さりげない高級感も演出している。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK

最後の1台は、前後ブリスターフェンダーなどで、インパクト満点のフォルムを実現した「トヨタ・セルシオ(10型)」。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAKこちらは、ほかの2台が「VIP創世記」スタイルなのに対し、その後の「VIP全盛期」に流行したスタイルを取り入れた1台だ。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK前後バンパーやサイドスタップなどは「Kブレイク」プラチナムで、ワイドフェンダー化に合わせて加工を施して装着。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAKホイールは、ウェッズの19インチで、フロント10J、リヤ12Jという超ワイドなサイズをセット。これらにより、個性的ながらラグジュアリーな雰囲気も両立したフォルムを実現している。

大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAKちなみに、「Kブレイク」ブースにはほかにも「BEECAS」ブランドのオリジナルエアロを装着した「トヨタ・ハイエース」も展示。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAKこちらのコンセプトは、やはり1990年代前半に流行した「大阪環状族」スタイルがモチーフということだ。大阪の都市高速道路「大阪環状線」を走っていた”走り屋”たちの間で人気だったカスタムを投入している。

大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAKオレンジ×ホワイトのボディカラーを身に纏ったボディには、「BEECAS」製フルエアロを装着。特に、新作のフロントリップはスポーティなイメージを演出し、このクルマのコンセプトをより強調することに成功している。

大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAKまた、爆弾マークのブランドロゴは、大阪環状族をテーマにしたマンガ「ナニハトモアレ」の作者、南勝久氏が手掛けたもの。これら細部にまでこだわった作り込みが、このクルマに独創的な雰囲気を加味しているのだ。大阪オートメッセ2018 Kブレイク BEECAS ビーキャス シーマ KBREAK

まさに「古きを訪ね、新しきを知る」ことができるこれらクルマたち。「大阪オートメッセ2018」に来場予定がある方は、ぜひ目に触れてみて欲しい。

 

(撮影レポート:平塚直樹)


画像ギャラリー