フォルクスワーゲンのセダン「パサート」がGT3規格のレーシングカーに変身したら?

フォルクスワーゲンのセダン「パサート」がGT3規格のレーシングカーに変身したら?

このままレースに参戦しても違和感ゼロ!
GT3規格を想定した”Rライン・エボリューション”

フォルクスワーゲングループジャパンは、「大阪オートメッセ2018」の”CARトップブース”にて、カスタマイズコンセプトカーを特別展示。そのベース車はノーマルでは比較的に大人しいイメージの「パサート」なのだが、驚くような大変身を遂げていた。リアルなレーシングカー顔負けの”本気の作り込み”に迫ってみる。

パッと見はまんまFIA・GT3規格のレーシングカー。
市販車のイメージを色濃く残しながら、レギュレーションに合わせた改造が各部に施され、世界各地で高い人気を誇るカテゴリーだ。この『パサートRライン・エボリューション』は実際のレースには参戦していないパサートをベースに、”もしレースカーを作るならこうしたい!”との理想をカタチにしたもの。
なんと、「フォルクスワーゲングループジャパン」が、モータースポーツに造詣が深い老舗チューナー「COX」と共に作り上げた1台なのだが、単なるレーシングルックと侮ってはいけない。VW フォルクスワーゲン パサート PASSERT R-Line 大阪オートメッセ2018その詳細を見ると、オリジナルのボディキットからトーループのような小物にいたるまで、レース参戦しないのがもったいないと思わせるほど本格的な仕様。
室内には近年のレースではほぼ必須といえる安全装備、”hans対応”のフルバケットシートを備え、サスペンションはレースの実績も豊富な「SACH(ザックス)」を採用。タイヤも「ミシュラン」のレーシングスリックをセットしている。また、心臓部は定評を得る2.0TSI。ノーマルでも必要十二分の220psを発揮するので、なかなかの戦闘力を持っているといえそうだ。VW フォルクスワーゲン パサート PASSERT R-Line 大阪オートメッセ2018
レース用スリックタイヤに組み合わせるホイールは、軽量かつ高剛性のTWSモータースポーツの『T66-F』。サイズは前後とも9J×18となる。チタンナットの輝きも美しい。VW フォルクスワーゲン パサート PASSERT R-Line 大阪オートメッセ2018

 

トランクに移設した給油口、ボンネットを開くためのオープナー、前後バンパーに取り付けられたトーループ。すべてレースのレギュレーションに合致したアイテムで統一する。VW フォルクスワーゲン パサート PASSERT R-Line 大阪オートメッセ2018

エッジの効いた開口部を持つフロントバンパーには、ダウンフォースの大きそうなアンダーパネルと、両サイドに小ぶりなカナードが装着されていた。VW フォルクスワーゲン パサート PASSERT R-Line 大阪オートメッセ2018

 

ドアミラーは軽量かつコンパクトなカーボン製に交換。GTウイングは86/BRZ用をベースに、ステーを「COX」がワンオフ製作した。大型のフィンがインパクト絶大なリアディフューザーで、フロア下を流れてきた空気を抵抗なく後方へと排出する。VW フォルクスワーゲン パサート PASSERT R-Line 大阪オートメッセ2018

なお、フォルクスワーゲングループジャパンは、フォルクスワーゲン正規ディーラーにてVW車のチューニング&カスタマイズパーツの取扱いを開始したことでも話題となっている。
今回の『パサートRライン・エボリューション』然り、これからもフォルクスワーゲン・カスタマイズの楽しさを提案してくれることになるだろう。

 

(撮影レポート:佐藤 圭)


画像ギャラリー