足回りのプロが仕上げた痛快なる傑作! 走れる超低空ゴルフ&アウディ

足回りのプロが仕上げた痛快なる傑作!  走れる超低空ゴルフ&アウディ

ヤンチャな見た目に反して
真面目な足回りセッティングが命

【balance autoparts wearhouse×VW GOLF V】

シンプルながら強烈な存在感を放つクルマ造りで人気のプロショップ「バランス・オートパーツ・ウェアハウス」。今回は同店らしい足回りに特化した2台を紹介したい。低さが目立つ2台だが、しっかりと走れるクルマに仕上がっているという。足回りのスペシャリストが作り上げたクルマをご覧いただこう。 VO GOLF、バランスオートパーツウェアハウス、アウディ

 

USフレーバー漂う足回りのプロショップ

この数年で何台ものカバーカーをプロデュースし、数々の記憶に残るクルマを製作してきた「バランスオートパーツ」。その実績から欧州車のスペシャリストと捉えられることも多いが、もとを辿ればUSメイクを得意とするハードコアなプロショップであり、いまもUSテイストを忍ばせたメイク術にこそショップの特色と人気の秘密が隠されている。
このゴルフ5は惜しまれながら亡くなった水島前代表の遺作のひとつ。エアサスでドスンと落としたプレーン&クリーンな足元には、イギリス発の新鋭『フェアアイン・クラブワン』をブチ込み、いかにもバランス作らしいキワドくもフレッシュなスタイリングをみせる。あまりにブッ飛んだホイールについ目を奪われてしまうが、ハイライトは精緻を極めた足回りのセットアップ術にこそである。VO GOLF、バランスオートパーツウェアハウス、アウディ
「エアリフト」製エアサスと「アキュエアー」『Eレベルシステム』の組み合わせで落としているのだが、一定以上下げ過ぎると一旦は寝た(ネガ)キャンバー角が起き(ポジ)はじるという特性を解消するため、自社(スタティック)のロールセンターアダプターで補正するという、ヤンチャな見た目に反して真面目なセッティング。さらにフロント側はCノッチ加工によりボディとドラシャの干渉を防いでおり、なんの不安もなく走行可能。
この積み上げたセットアップ術にこそ“足回りのプロショップ”を標榜する同店の真髄が見てとれる。

「エアリフト」製エアサスで目一杯落とした足元には『フェアアイン』の18インチリムをインストール。左右で方向性のあるディレクショナルデザインを採用したターボシルエットにも注目して欲しい。

VO GOLF、バランスオートパーツウェアハウス、アウディ

ラゲッジにはアルミビレットタンクをディスプレイ。マウント部はスチール材をレーザー加工し、エアラインを銅管で製作するなど、ここにも魅せる演出を投じた。

VW GOLF V SPEC

ホイール:Verein Club One(8.5J×18インチ+45)
ハイグロスシルバー
タイヤ:ニットーNT555 G2(215/40)
足回り:エアリフト+スタティック・ロールセンターアダプター
キャンバープラス(フロント)、AIR制御ACCエアー
エアタンク・アルミビレットタンク×2

 

テーマは、走れる極低車高

【balance autoparts wearhouse×AUDI A1】VO GOLF、バランスオートパーツウェアハウス、アウディ

 

車高調で決める低さと走りの好バランス

もう一台のアウディA1は、本誌「af imp.」でも突っ込んだカスタム車両が続々表れている注目モデル。今回はオーナーからの”シンプルにキメたい”とのオーダーのもと、ノーマル状態からのフルプロデュースとなった。
注目はコチラも足回りのセットアップとなるのだが、エアサス仕様のゴルフに対しもっとも得意とする車高調による“走れる極低車高”こそがテーマ。オーナーであれば共通の悩みとなる車高を下げにくく、キャンバーも効かせにくい特性を解消するため、様々な秘策が盛り込まれている。VO GOLF、バランスオートパーツウェアハウス、アウディ
たとえばこのサイズのホイールを押し込むためにはネガキャン化が必須だが、フロントの車高調は構造上アッパーマウント、ロワ部ともに調整幅が小さいのが難点。そこでアッパー側はボディとの干渉部を加工してスペースを稼ぐというCノッチ的な発想を投入。
これによりストローク量が減少するなどのデメリットもあるが、もともとケース長が短い「スタティック」の車高調であれば問題なしとのこと。リアはアクスル部を加工し、キャンバー角を最適化するとともに乗り心地も改善させている。VO GOLF、バランスオートパーツウェアハウス、アウディ
また乗り味向上にはホイールも貢献しており、「ブロケイド」製の鍛造ホイールを履かせることで、短いストローク量のなかで大きな仕事をこなす車高調をアシストしている点も見逃せない。
もちろん個性化の決め手となる部分だけに、マットアルマイトリムブラッシュドリム×キャンディブラウンというシブいフィニッシュや、3ピースらしさを存分に味わえるアンダーヘッドマウントなど“らしさ”もたっぷり。結果、ゴルフとは一味違うオトナの色香漂うコンパクトカーに仕上がった。VO GOLF、バランスオートパーツウェアハウス、アウディホイールは『ブロケイド・オールドスクールラインのBL09』をチョイス。フロント9J、リア9.5Jを車高調で履きこなす極限のセッティングとともに、オトナな雰囲気を漂わせるコーデも得意とする。

 

VO GOLF、バランスオートパーツウェアハウス、アウディ

イチオシの『BRAUM RACING』製バケットシートを軸に、同じカラーでステアリングやドア内張りを張り替えて統一感を生み出した。

 

AUDI A1 SPEC

エクステリア
フロントスプリッター
RSグリル
リア・ワイパーレス
インテリア
BRAUM RACING ELITE SERIES RACING SEAT(RED)×2
リアシート、ドアトリム、センターコンソール、
ステアリング、シフトブーツ張替え
BRAUM RACING 5点ハーネス
5PT–SFI16.1 Racing Harness (Purple)
ホイール:BROCADE BL09(9J×17インチ+26/9.5J×17インチ+21)
アンダーヘッドマウント・ディスク
ディスク:ブラッシュド+キャンディブラウンペイント
リム:ブラッシュド
足回り:スタティック
フロント専用ピロアッパーマウント(車体側加工要)
リアアクスル加工
フロントドライブシャフト逃げ加工(Cノッチ加工)

バランスオートパーツウェア
http://www.balance-ap.com/

 

[リポート:オートファションimp編集部]


画像ギャラリー