軽トラがテントに変身!? 「荷台泊」という男の遊びを新提案 (1/2ページ)

軽トラがテントに変身!? 「荷台泊」という男の遊びを新提案

荷台部分があっという間にテントへ
自然を感じながら満喫する”車×アウトドア”

ド派手なカスタムカーが数多く展示された「名古屋オートトレンド2018」にて、その一角にポツンと佇む軽トラック。ベースは、ダイハツの働くクルマ「ハイゼット・ジャンボ」なのだが、荷台部分にはアウトドアを楽しむためのアイディアと仕掛けが込められていた。カーファクトリーターボ bug-truck バグトラック 軽自動車 キャンパー ハイゼット テント

出展したのは、青森県で軽トラックのカスタムカー製作を手がける「カーファクトリー ターボー」。軽トラックの荷台部分には、テントのような幌が被さっており、その中身を見ると寝袋やチェア、LEDランタンなど、アウトドアな雰囲気がプンプンではないか。

カラーはベーシックとカモの2色を用意

代表の山本サンいわく、「もともと、釣りや星空の鑑賞などアウトドアに活用していました。軽トラの荷台に直接テントを貼ってキャンプもやりましたが、もっとアウトドアに活用できる方法はないものかと。だったら荷台部分を有効的に活用すべく、テントにしちゃおうと思ったのがキッカケですね(笑)」。
このように趣味が高じて立ち上げられたブランドが、『Bug-truck(バグトラック)』。まずは、ハイゼット・ジャンボ用にフレームと幌を設定してきたというわけだ。

【関連記事】「ラ フェラーリ」にマクラーレン「セナ」など60台以上が大阪府庁からスタート! 「TOYOTIRES NCCR2022御堂筋イルミネーション」が明日開催

カーファクトリーターボ bug-truck バグトラック 軽自動車 キャンパー ハイゼット テント

幌は、丈夫な素材で防水性に優れるクラフテル帆布を採用し、カラーはベーシックとカモの2色を用意(展示車はカモ)。側面は釣りや星の鑑賞にピッタリな開閉式のスクリーン、ロールアップ式の後方部分はタープとしても利用できる。カーファクトリーターボ bug-truck バグトラック 軽自動車 キャンパー ハイゼット テント