「360度カメラ」搭載のドラレコ、さらに画質は美しく機能もパワーアップ

「360度カメラ」搭載のドラレコ、さらに画質は美しく機能もパワーアップ

1台2役を果たす「ダクション360」が進化、
アクションカメラとしての実用性まで向上した

360度すべてを撮影できる”全天周カメラ”を採用した『d’Action 360(ダクション 360)』
さまざまな交通トラブルに対応するほか、別売りのバッテリーを装着すればアクションカメラとして使用できるなど、1台で2役をこなせるドライブレコーダーとして人気を集めている。
今回、発売元の「カーメイト」では、『ダクション 360』カメラ本体ファームウェアのアップデートを実施。さらなるパワーアップを果たした。ダクション 360、カーメイト、アップデート、ドライブレコーダー、ドラレコ、360度、アクションカメラ、おすすめ

【明るさ調整処理の改善】

これまで、『ダクション 360』の明るさ調整処理やWDR設定は、”ドライブ”・”アクション”・”駐車監視”の各モードは共通。”ドライブ”モードでは車外が明るめに撮影されるなどの課題があったが、今回のアップデートによって明るさ調整処理をモード毎に最適化。
それぞれで適正な明るさを得られるようになった。ダクション 360、カーメイト、アップデート、ドライブレコーダー、ドラレコ、360度、アクションカメラ、おすすめ

 

【WDR処理・設定の改善】

また、WDR処理も進化。明るさ調整処理の改善で最適な明るさが得られるようになり、白飛びや黒潰れの抑制にくわえて自然な色味を得られるようになった。
さらに、モード毎にWDRの効果を3段階(OFF/弱/強)で設定。”OFF”は、室内といった明暗差があまりないシーン、”弱”は屋外などのある程度明暗差が想定されるシーンに、”強”はドライブのトンネル出入り口などの激しい明暗差が想定されるシーンと、状況に応じて最適な画質で録画できるようになった。ダクション 360、カーメイト、アップデート、ドライブレコーダー、ドラレコ、360度、アクションカメラ、おすすめ

 

他にも記録された速度は、パソコンソフトだけでなくスマホアプリでも表示可能に。スマホのアプリで映像の明るさを調整できたり、アプリ起動時の画面をカメラのリアルタイムビューに変更できるなど、アップデートの内容はじつに豊富だ。ダクション 360、カーメイト、アップデート、ドライブレコーダー、ドラレコ、360度、アクションカメラ、おすすめ

なお、『ダクション 360』のアップデートを記念したキャンペーンも実施。
製品を購入して愛用者登録した人を対象に、撮影した映像がスマホでVR体験できる”VRビューワー”もしくは”録画中ステッカー”のいずれかがもらえるとのこと(総勢150名/3月31日まで)。

 

カーメイト TEL03-5926-1212
http://daction.carmate.jp/


画像ギャラリー

    第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!