激熱「バンコク国際モーターショー2018」は見どころ満載!

高級車メーカーからアフターメーカーまで
“自動車人気”が活況するタイ市場へ注目

タイ最大規模のモーターショー「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー2018」がバンコク北郊のコンベンションセンター「インパクト・ムアントンタニ」で開催されている(3月28日〜4月8日)。
期間中は、自動車&二輪車メーカーのブース出展にくわえ、これら新車販売の受注(3万9832台/2017年度実績)が行なわれるなど、日本や北米、欧州とは違ったユニークな趣が特徴。今回、そんな「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー2018」で気になった車両を紹介したい。バンコクモーターショー、Bankok International Motor Show 2018

 

トヨタは「ハイラックス」をはじめ、日本と同様に高い人気を誇る「C-HR」を展示。三菱のブースでは、昨年の東京モーターショーで出品された「exコンセプト」。フォードは「レンジャー」を披露するなど、タイでは、ミニトラックやSUVの人気ぶりが高いようだ。バンコクモーターショー、Bankok International Motor Show 2018ちなみに、タイ生産となる「ハイラックス」はベースグレードで68万バーツ/約250万円と、関税がかからないため日本よりもリーズナブルな価格設定に。フォードの「レンジャー」も56万バーツ/約210万円で販売されていた。バンコクモーターショー、Bankok International Motor Show 2018下の写真は「MG」が出品した1台、『MG ZS』。どこか、あの国産SUVに似ているような。

 

一方で「ロールスロイス」、「アストンマーチン」、「ベントレー」といった、東京モーターショーではブース出展されなかった高級自動車メーカーたち。バンコクモーターショー、Bankok International Motor Show 2018
なかでも、ひときわ存在感を表していたのが「メルセデス・ベンツ」のブースだ。
その目玉は、日本では未発表の新型CLSクーペで、ディーゼルエンジンを中心に展開される予定など、高級自動車メーカーも活況の様子である。バンコクモーターショー、Bankok International Motor Show 2018バンコクモーターショー、Bankok International Motor Show 2018販売価格が3倍とも言われ、輸入車への関税が高いタイ。しかし、これらプレミアムなメーカーたちがこぞって出展するのは、今後の成長を見込んでいるという表れなのかもしれない。
ちなみに日産ブースでは、”SUPER GT”が開催されるタイで圧倒的な知名度と人気を得る「GT-R」の正規モデルを発表。日本円で4500万円以上という衝撃的なプライスにも関わらず、多くの人だかりができていた。

 

また、電動バイク&自転車の新興ブランドの姿も。日本では生産終了となった「ヤマハ SR400」など、二輪の日系ブランドも精力的にアピールするなど、キャラクターの異なる出展内容もじつに興味深いところ。

さらに「LXモード」をはじめ、「エムズスピード」の販売チャンネルを持つ「BRG」からは、トヨタ系ミニバンをカスタマイズしたコンプリートカーを出展。バンコクモーターショー、Bankok International Motor Show 2018
日本のアフターメーカーも大きな注目を集めるほか、会場外では、パーツやアクセサリーを中心とした展示販売が行なわれるなど、じつに見応えの多いバンコクの1日であった。

 

(撮影レポート:Auto Messe Web編集部)


画像ギャラリー