日本に憧れる9人のUSAセダンオーナーが作り上げたジャパニーズなVIP

憧れ続けた日本のVIP魂を
異国の地、アリゾナで継承する

日本のVIPにあこがれを持つアメリカのオーナーたち。シーンを牽引するのは、スポーティ&ラグジュアリーなレクサスが中心。そんなジャパン愛で出来上がった、US VIPなオーナーの世界を紹介しよう。

 

【2010y LEXUS LS460】

日本のVIP文化をアメリカに発信する「共栄USA」が、現在のアナハイムへと移転する前。アリゾナ時代からの常連がこのLEXUS LS460のオーナーだ。日本のVIP文化に憧れ、若くしてLS460を入手。尊敬する日本のVIPを目指して、これまでコツコツと仕上げてきた。
4年前にノーマルのホワイトボディを入手し、フルエアロと足まわりを組んだシンプルスタイルからスタート。それからというもの、毎年SEMAショーに参加するためリメイクを重ねてきた。


まず、2014年には外装をマットピンクへと大きく変貌。その翌年にはフロントとリアを後期仕様にスワップし、ボディはマットグレーに変更。そして、2016年のSEMAショーでは、今回紹介するブルー/パープル/カッパーの3色が織りなすマジョーラボディを披露した。
このカラーチェンジに関して、価値観は日本と大きく異なる。というのも、アメリカではラッピングが主流だということ。手間や予算がかかるペイントよりも、傷がついたら剥がして貼りなおすという合理的な発想がアメリカだ。
ちなみに、ホイールはアメリカでも絶大な人気を誇るのが「ワーク」。JDM好きのワーク装着率は圧倒的に高い。

エンジンルームに描かれた修羅のデザインは、日本の刺青文化に対する憧れを表現したもの。
「自分のタトゥーを他人に見せたがるアメリカンスタイルと異なり、日本のスタイルは見えないところに彫る。そんな奥ゆかしさが好きです」という理由で、あえて普段は見えない部分=ボンネットの下に描かれる。

憧れの日本文化と彼自身のオリジナリティ。その融合であるこのUSスタイルVIPセダンが、今も広大なアリゾナの空の下を悠然と走り抜けている。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

▶Body Color: Blue, Purple, Copper ▶Engine / Engine Bay: Lexon Exclusive axle back exhaust ▶Exterior: Aimgain VIP GT body kit, Aimgain fenders, Toyota Japan OEM window visors, Custom color vingl wrap by EA Wraps ▶Interior: Aimgain pedals, Beat Sonic NAV/DVD bypass, Aimgain neckpads, Black suede headliner, Custom trunk, Subwoofer enclosure ▶Suspension: ACC Air Runner “On the Ground” system, Air Lift autopilot V2 management ▶Brakes: Front/Brembo Calipers painted white, Rear/Stock calipers painted white, EBC Rotors front&rear ▶Wheels: WORK GNOSIS(F10J・R11J-21inch) ▶Lug Nuts: T-Demand ▶Tires: TOYO T1R(F255/30・R285/30-21inch)

OWNER::Cesar Luna

 

 

半艶のオリーブグリーンに彩られた
アメリカ的スポーティVIPの魅力

【2006y LEXUS IS350】

スポーティなVIPセダン。この言葉にふさわしい車輌というのは、実のところ日本よりもアメリカの方が正しい解釈をしているような気がしてならない。日本と違って広大な土地を持つアメリカは、近隣に迷惑をかけることなく持ちうるパワーと速さを存分に楽しめる環境がある。
逆に、一般道やフリーウェイの道路環境は日本と比較にならないほど酷く、バネサスでベタベタに落とした車高短乗りにはリスクが大きい。だからチューニングを楽しむ人が圧倒的に多く、それと比較してVIPオーナーは数少ない。もしVIP的にイジりたいのであれば、バネサスではなくエアサスという選択が多いとか。
つまりアメリカは、スポーティなクルマを楽しむことが当たり前という土壌があり、そこに車高短カルチャーがミックスされたのだ。このレクサスIS350のような、ミドルチューンを施しつつもオーバーフェンダーとエアサスで、ワイド&ローにキメたスポーティVIPが好まれるのは当然の理屈なのではないだろうか。
実際に走らせて楽しむことを知っているからこそ、 “スポーティ”の本当の言葉の意味も理解している。見せかけではないこのスタイルに、今度は日本人が挑戦しなければいけない時期がきたのだ。

エアロは「エイムゲイン」で統一しているが、あえて同社のなかでブランドミックス。フロントバンパーは『純VIPエグゼ』、サイドステップと前後オーバーフェンダーはIS-F用『純VIP GT』、そしてリアバンパーは先代レクサスIS用『純VIP GT』と、3種類をミックス。それでも違和感がない仕上がりや、半艶のオリーブグリーンというボディカラーのセレクト然り、日本人の発想にはないのかもしれない。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION

▶Body Color: Green ▶Engine / Engine Bay: Body color paited engine cover, gold powder coated strut brace, PPE headers, PPE custom mid pipe, HKS exhaust, LMS intake ▶Exterior: Semi gloss clear coated OEM desert sage metallic paint, Aimgain body kit, Aimgain over fenders, IS F fenders, Seibon carbon hood(for IS F), 20IS OEM LED headlights, 78works taillights(smoked), custom model 2014 IS350 Fsport bumper ▶Interior: Black stainless wrapped wood grain, body color painted pieces, illumm door sills, Race pedals, Aimgain pillaws neck pads ▶Suspension:  ACC Air Runner ▶Brakes: OEM Brembo calipers 24K gold plate, EBC slotred dimpled rotus ▶Wheels: SSR Executor CV01(F10J・R11.5J-19inch) ▶Tires: Bridgestone Potenza(F245/35・R285/30-19inch)

OWNER:Drew Meyer

 

日本でも滅多に見られない
驚愕の純正リムジンをベース

【1990y TOYOTA CENTURY】

全長約5.8m、ホイールベースは約3.5m。トヨタが一時期だけ正式に製作した初代センチュリー4.0Lタイプ・リムジン・HタイプのVIP仕様が、アメリカに存在する。オーナーは、はじめに紹介したマジョーラカラーのLS460を所有するCesar Lunaだ。
彼はLS460だけではなく、地元であるアリゾナから世界に憧れのVIPの魅力を発信し続けるために、もう1台の愛車を手に入れていたのだ。当初は、「ワークユーロライン」のホイールや、「エアランナー」のエアサスによるシンプルなローダウンスタイルでカスタム。その後、「ジャンクションプロデュース」のボディキットを装着し、ド迫力のLimo VIPが完成させた。

ノーマルはメッキバンパーが装着されていることもあり、「ジャンクションプロデュース」の装着はVIP感を強調するための必需品だったという。
そして、ホイールはすでに廃盤の『ワークユーロライン』。しかし、時代に合わせたスタイルを追求するならばこのディッシュは欠かせない。

 

トランクスポイラーも「ジャンクションプロデュース」。これを装着するだけで、落ち着きのあるセンチュリーにイカツさが増した印象だ。

この車輌をプロデュースした「共栄USA」の上野氏は、日本の誇りを世界に伝えることにこだわって、カリフォルニア州アナハイムを拠点に、VIPカーを作り続けている。
世界にはない、日本だけのもの。日本だから生み出すことができる上質なもの。それをベースとすることが、真のVIP文化の啓蒙に繋がるはず。そういった強い思いがCesarをはじめ、同店にやって来る顧客に伝承されていっているのだ。このアメリカ発のLimo VIPが、これからは世界のVIPセダンとして注目されるように、見守っていきたい。

SPECIFICATIPON
▶Body Color: Gray ▶Engine / Engine Bay: Stock 4.0 V8 ▶Exterior: junction Produce body kit, Junction Produce 3-pc trunk spoiler ▶Suspension: ACC Air Runner ▶Brakes:  Stock ▶Wheels: WORK Euroline(F9J・R10J-19inch)

OWNER:Cesar Luna

 

根強い人気のLS400はブラックアウトで調律

【1998y LEXUS LS400】

「エイムゲイン」と「アーティシャンスピリッツ」のメーカーミックスがアメリカらしいが、フロントグリルやリアのスモーク化されたLEDテールをいわゆるブラックアウトとすることで、誰もが憧れる日本的強面スタイルを獲得。
足元にホイール、レオンハルトの『ゲミュート』はホワイトに。日本の定番であるブラック&メッキとは異なるアメリカ的カラーセンスを見せつけた。

アメリカではフルスモークでも合法。つまり日本のようにカーテンを使う必要性はないのだが、オーナーのAnthonyはリア3面のみをスモーク化し、フロント窓はあえてのカーテン仕様とすることでリアルな和風を演出した。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION
▶Body Color: Black ▶Engine / Engine Bay: Full custom exhaust ▶Exterior: Aimgain front rip, Aimgain grille, Artisan Spirits fenders, LED tail lights, JDM powerfolding mirrors, Retrofit LED head lights ▶Interior: Junction Produce curtains and neckpads ▶Suspension: Airlift perfomance 3H system, Airlift struts, Serial 9 control arms, God speed rear arms ▶Wheels: Superstar Leonhardiritt Gemut(F9.5J・R10.5J-19inch)

OWNER::Anthony Campos

 

 

走行性能を求めたISベースのVIPスタイル

【2015y LEXUS IS350】

日本でレクサスISベースのVIPは稀少な存在だが、アメリカでは多い。元々、走り系が好きなお国柄なだけに、VIPに対しても運転の楽しさや馬力を求めるからだ。
オーナー・VooのISも純正のスポーティ感をさらに引き出す「セイボン」の『カーボンリップ』を装着。ホイールは「レイズ」の『ボルクレーシングG25』、ブレーキは『R1コンセプト』を装着し、走りのイメージ昇華を実現した。

アメリカでは、ルックス重視でのキャンバーやひっぱりタイヤといった日本的スタイルは好まれない。このIS350のように、クルマの性能を楽しむために実用性重視で、クールにローダウン、というのが一般的なんだとか。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION
▶Body Color: Black ▶Engine / Engine Bay: F-Sport intake ▶Exterior: seibon carbon(all around), Stillen Exhaust ▶Suspension: ACC Air Runner/TC5, w/Airlift 3H ▶Brakes: R1 concepts, (Front)8pot, 380㎜ (Rear)6pot, 356㎜ ▶Wheels: Rays G25(F8.5J・R9.5J-19inch) ▶Lug Nuts: Volk Racing Ray formula ▶Tires: Yokohama S Drive(F235/35・R265/30-19inch)

OWNER:Voo Kim

 

ジャンクションから影響を受けた
VIP魂 in the U.S.

【2007y LEXUS IS250】

VIPブランドとして日本から最初にアメリカに進出した「ジャンクションプロデュース」の存在感は、現地で非常に大きい。
エアロは「エイムゲイン」だが、”ボクはジャンクションが大好きだよ! デモカーからたくさんのインスピレーションを受けているんだから”と語るオーナーのMinhにとって、メッキで輝くホイール『スカラー』を履かせていることが自慢のポイントだ。
IS250がベースというのがいかにもアメリカらしいが、このスタイルを逆に日本で取り入れるのもアリだろう。

IS250のスポーティな雰囲気を損なわない「エイムゲイン」と、VIPらしさを演出する「ジャンクションプロデュース」をうまく融合。足はエアサスでリムの被り方を見る限り、日本スタイルを熱心に研究したことが伺える。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION
▶Body Color: Gracier frost mica ▶Engine / Engine Bay: Joe Z intake, Chivasive motors parts oil catch cam, Megan headers ▶Exterior: Aimgain front bumper, Aimgain fenders, JP Vizage side Skirt, Type one diffuser, Aimgain spoiler, Junction Produce Exhaust ▶Interior:  E60 dadde front dash mat, 326 power pillows, Junction Produce pillows, 326 power neckpads ▶Suspension: Airlift perfomance 3P, Megan Racing(upper control arms, toe arms, lower control arm, damper arms), Nagisa Auto RCA ▶Wheels: Junction Produce  Scara(F9.5J・R10.5J-19inch) ▶Lug Nuts: Tight Lox lugnuts ▶Tires: Accelera Phi(F215/35・R225/35-19inch)

OWNER::Minh Hguyen

 

米国初の和製エアロ装着”ファントム”、降臨

【2004y Rolls Royce Phantom】

「ジャンクションプロデュース」が手掛けたロールスロイス・ファントムは、2011年の東京オートサロンで初披露。日本が誇るVIP文化が、気高きイギリス生まれの最高級車へと注ぎ込まれたあの時の感動は、アメリカのVIP好きも同様だったようだ。
あれから6年。そのエアロが海を越えて、アメリカでの実車初お披露目となった。2017年のSEMAの会場では、メインであるセントラルホールの入り口正面に鎮座。その威風堂々とした佇まいは、日本の伝統をアメリカにしっかりと伝えてくれていた。日本のセダンベースではないものの、この英国車VIPにもUS流の味付けが施されていたのだ。

オーナーのPhoucはHIDやLEDのブランド=「XENON-VISION」の代表を務める。
ワンオフエアサスや「VIPモジュラー」の5本スポークを採用するなど、足回りは現地国内製品で巧みにアレンジ。どの車輌にも負けない最高級セダンをベースとしたVIPは、どこへ行っても羨望の眼差しを集めていた。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION
▶Body Color: Black ▶Exterior: Junction Produce 7pieces body kit ▶Suspension: Modified factory air suspension ▶Brakes: (Front)R1 Concepts 8piston 430㎜ Big brake kit, (Rear)R1 Concepts 6piston 405㎜ Big brake kit ▶Wheels: Vip Modular(F・R11J-24inch) ▶Tires: TOYO Proxes4(F・R275/30-24inch)

OWNER:Phouc To

 

マセラティホワイトに彩られたマッシブボディ

【2010y LEXUS LS460】

「エイムゲイン」の『純VIP GTシリーズ』が醸し出すエッジの効いたデザイン。
Jim Leeの愛車であるこのLS460は、この『純VIP GTシリーズ』をベースにして、ワンオフ加工によるダクトやリアオーバーフェンダーを追加し、さらにレースマシンを彷彿とさせるディフューザーを製作し、迫力のボディスタイルを獲得している。
しかし、この車輌にどこかエレガントさを感じるのは、マセラティパールホワイトという上品なボディカラーだからだろう。

 

フロント、サイド、リアと各部に装着されたディフューザーは、カリフォルニア州エルモンテにある「CRZY Engineering」によるもの。ホイールも「FPF wheels」と、日本ではまだまだ知られていないパーツが採用されていた。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION
▶Body Color: Maserati pearl white ▶Exterior: Aimgain VIP GT body kit, custom front splitter, Aimgain roof spoiler, custom vented fenders, Junction Produce hood spoiler, CRZY Engineering diffuser ▶Interior: Custom diamond stitch, Suede roof pillars ▶Suspension:  ACC Air Runner ▶Brakes: Futura Big brakes(F)8pot(R)6pot ▶Wheels: FPF wheels TLS-1c(F11.5J・R13J-21inch) ▶Tires: Hankook VIZ(F235/30・R285/25-21inch)

OWNER:Jim Lee

 

VIPの新時代を予感させたフルJPアリスト

【200y LEXUS GS300】

先にも書いたように、パフォーマンスも重視するアメリカのVIPマニアに根強い人気を誇るのが16アリストだ。3リッターの2JZエンジンを搭載した最速セダンこそ、アメリカでVIPが流行りだすきっかけを作った1台とも言える。
オーナーのTuanは憧れの「ジャンクションプロデュース」で外装、内装をフルメイク。ホイールも『JPスカラー』をチョイスし、完全なJPスタイルを手に入れた。ジャンクションがVIPの世界観をSEMAショーで披露したのが2004年。この時に蒔かれたVIPの種が、今まさにその地で華開いているのである。

カーテン、ネックパッド、テーブルと、徹底的に「ジャンクションプロデュース」で統一。もはや、日本のデモ車を見ているかのような再現度が素晴らしい。足回りは現地の道路環境を考慮してエアランナーを装着している。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION
▶Body Color: Black ▶Exterior: Full Junction Produce body kit ▶Interior: Full Junction Produce accessorys, Custom diamond stitched, w/button seats, TN Auto inspired custom vip table, Center console, Wood fllors, Custom trunk ▶Suspension: ACC Air Runner ▶Brakes: LS400 caliper ▶Wheels: Junction Produce Scara(F9.5J・R10.5J-19inch) ▶Tires: Acceiera(F215/35・R235/35-19inch)

OWNER:Tuan Hguyen

 

(リポート:VIPスタイル編集部)


画像ギャラリー