「SUPER GT」を戦う、レースクイーンとチーム&ドライバーの顔ぶれ【GT300編・その2】

マシンのポテンシャルやチーム力だけじゃない!
ハイレベルな「GT300」がオモシロイ♪

“SUPER GT SQUARE”とタッグを組み、編集部が総力をあげて紹介する「SUPER GTスペシャル企画」。
今回は、前回に続いてGT300に参戦するチームをピックアップしてみた。
GT300は、バリエーションに富んだ豊富なマシンによるバトルが見もの。NSX、メルセデスAMG、レクサスRC F、日産GT-R NISMO、BMW M6、ポルシェ911といったFIA公認のGT3マシンをはじめ、JAF-GT300車両にはスバルBRZとトヨタ・プリウス、さらにモノコックとエンジンがキット化したマザーシャシーを使用するトヨタ・マークXやロータス・エヴォーラなど、大きく3つに別れたマシンカテゴリーから29台が参戦している。
大物ドライバーの登場もあり、GT300もさらに激化。今年はいったいどんなドラマが待ち受けているのだろう。

 

【TEAM MACH】

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル世界でも知られる「マッハGoGoGo」でおなじみのマッハ号のカラーリングを纏い、マザーシャシーを使ったMC86で参戦。
ドライバーは昨年から若手を起用しており、今年は2年目の坂口夏月とFIA-F4で活躍したルーキーの平木湧也がタッグを組む。第2戦の富士では初ポイントをゲットするなど、調子は上々。今後もこの若手コンビは見逃せない存在といえそうだ。

TEAM MACH

マシン名(タイヤ):#5 マッハ車検 MC86 Y’s distraction(YH)
ドライバー:坂口夏月、平木湧也
チーム監督:玉中哲二

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル

 

【apr】

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャルGT300クラスで3度のドライバーズタイトルを獲得した強豪、「apr」。今シーズンも2台のトヨタ・プリウスで参戦している。
ヨコハマタイヤを履く30号車は、GT300の最多ポールポジションを記録する佐々木孝太と、一昨年からSUPER GTに挑戦する永井宏明がドライバーを務める。息のあった3年目のコンビがどんな走りを見せるのか楽しみだ。

apr

マシン名(タイヤ):#30 TOYOTA PRIUS apr GT(YH)
ドライバー:永井宏明、佐々木孝太
チーム監督:金曽裕人

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル

 

【apr】

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル毎年のようにタイトル争いに加わる「apr」が参戦する、もう一台のプリウス。
ブリヂストタイヤを選択した31号車には、2013年と2016年のGT500チャンピオン、平手晃平がステアリングを握る。パートナーは、GT300マシンの開発に携わってきた嵯峨宏紀。大物ドライバーとマシンを知り尽くしたベテランとの強力コンビで、タイトル争いを狙う。

apr

マシン名(タイヤ):#31 TOYOTA PRIUS apr GT(BS)
ドライバー:嵯峨宏紀、平手晃平
チーム監督:金曽裕人

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル

 

【Modulo Drago CORSE】

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル2000年にGT500王者となった道上 龍が立ち上げ、2015年と2016年にはGT500クラスにも参戦した「ドラゴコルセ」。相棒には全日本F3で活躍するルーキーの大津弘樹を選んだ。
マシンは、初の王者となった時と同じホンダNSX。新型のGT3マシンは、初のGT300でどんな戦いを見せてくれるのか楽しみだ。

Modulo Drago CORSE

マシン名(タイヤ):#34 Modulo KENWOOD NSX GT3(YH)
ドライバー:道上 龍、大津弘樹
チーム監督:鄭 永熏

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル

 

【Arnage Racing】

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル昨年のフェラーリF488 GT3からメルセデスAMG GT3にマシン変更。
チームが信頼を置く加納政樹と安岡秀徒のコンビを3年ぶりに復活させたのが「アルナージュ・レーシング」だ。加納はWTCC日本大会やアジアのレースで活躍。全日本F3の経験を持つ安岡は、ポルシェカップやフォーミュラトヨタの王者にもなっている。

Arnage Racing

マシン名(タイヤ):#50 EXE AMG GT3(YH)
ドライバー:加納政樹、安岡秀徒
チーム監督:伊藤宗治

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル

 

【LM corsa】

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル今シーズンは、レクサスRC-Fの開発ドライバーでもあった飯田 章が監督に就任し、マシンも引き続きRC-Fを使用する「LMコルサ」。GT300で6勝をマークしている吉本大樹と若手の宮田莉朋をドライバーに起用した。
1999年生まれの宮田は、昨年にFIA-F4を連覇。SUPER GTは初の挑戦となるが、そのポテンシャルは高そうだ。

LM corsa

マシン名(タイヤ):#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(YH)
ドライバー:吉本大樹、宮田莉朋
チーム監督:飯田 章

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル

 

【R&D SPORT】

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャルGT300の常連「アールアンドディ・スポーツ」は、8年連続でスバルBRZで挑戦。今シーズンは、STIの渋谷氏を総監督に招き入れ、悲願のクラス制覇を目指す。
ドライバーは、2015年からコンビを組む井口卓人と山内英輝。第2戦の富士までは苦戦しているものの、岡山のテストでは好調ぶりをみせたBRZ。熟成が進んでいるぶん、あなどれない存在といえるだろう。

R&D SPORT

マシン名(タイヤ):#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(DL)
ドライバー:井口卓人、山内英輝
チーム監督:渋谷 真

SUPER GT 2018、スーパーGT、GT300、R&D SPORT、Arnage Racing、LM corsa、Modulo Drago CORSE、apr、TEAM MACH、レースクイーン、キャンギャル

 

いよいよ今週末は、第3戦「SUPER GT 鈴鹿GT300km・ファンフェスティバル」が開催。
5月19日〜20日、鈴鹿サーキットへ熱いバトルを観に行こう!

 

『2018 AUTOBACS SUPER GT』年間スケジュールはコチラ

SUPER GT公式ホームページ
SUPER GT SQUARE公式ホームページ

 

(撮影:白谷 賢、成瀬陽介、SUPER GT SQUARE)


画像ギャラリー