アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

軽自動車ベースだからこそオモシロイ!
500ルックから跳ね馬の魂が宿った最強仕様へ

ダイハツ・エッセをベースに、「アバルト695・トリブートフェラーリ」をイメージして製作。アバルト乗りの気持ちになって製作したというユーザーカーは、ディテールの追求が尋常ではなかった。
オーナーは、フィアット、なかでもアバルトスタイルに魅了されたひとり。過去に日産・マーチに乗っていた時もアバルト500仕様を作ろうと思っていたが、いま盛り上がりをみせる軽自動車をあえて選んだ。
また、「ラントゥギャザー」からチンクエチェント仕様に化けられるキットが発売されていたのも決め手。良質なベースを手に入れ、大阪にあるカスタムショップ『MKファクトリー』協力のもと、製作がスタートした。ダイハツ、エッセ、フィアット500、FIAT500、アバルト、695トリブートフェラーリ、MKファクトリー

ボディキットはポン付けではなく、フロントは「KLC」製エアロとニコイチ。「ラントゥギャザー」からアバルト風バンパーも出ているが、それよりも先にスポーティ感あふれるアバルト500ルックを手に入れたのだ。リアは、アバルト純正のディフューザーを違和感なく装着。サイドデカールも貼り、ナンバーさえ視界に入らなければ、パッと見はエッセと思えないほどに高い完成度を誇った。ダイハツ、エッセ、フィアット500、FIAT500、アバルト、695トリブートフェラーリ、MKファクトリー

 

それから1年以上の月日が経過。
アバルトに乗っているつもりになって、そのアバルトをカッコ良くするにはどうすればいいか。そう自分に言い聞かせながらあみ出した結論が、さらなるスポーティ感の強調だった。
フィアット500シリーズを改めてチェック。目に止まったのが”アバルト695・トリブートフェラーリ”であり、名門フェラーリとコラボした、世界1696台限定生産のモデルだ。まずは、アイコンともいえる2本のセンターラインを追加。もちろん純正品を使用した。ダイハツ、エッセ、フィアット500、FIAT500、アバルト、695トリブートフェラーリ、MKファクトリー

また、、ボディカラーはアバルト595に採用されたグリジオレコードをチョイス。明るいボディカラーが印象的なチンクとは対象的な、アバルト純正色を使うことでリアリティをアップさせたのである。ダイハツ、エッセ、フィアット500、FIAT500、アバルト、695トリブートフェラーリ、MKファクトリー

 

さらに、エアロパーツもフェラーリが持つ躍動感に負けないようリメイク。
「クラフテック」のサイドステップを追加し、その下にワンオフのアンダーフラップを投入。フロントにもフラップを加え、コンセプトに相応しい仕上がりに。ホイールはマーチに履いていたものを流用した17インチから、低さを重視して16インチにダウン。ディスクは黒、リムはブロンズのホイールをチョイスし、うまくボディカラーに溶け込ませた。ダイハツ、エッセ、フィアット500、FIAT500、アバルト、695トリブートフェラーリ、MKファクトリー

 

インテリアの完成度も高い。シンプルかつキレイに見えるからという理由で、ホワイトを基調に黒を取り入れてメリハリを投入。天井のライン部分はダイヤキルトで仕上げて上品にキメた。
そして、ラゲッジオーディオも再製作。狭いスペースの中に、2Way+サブウーハー、フロントスピーカーは贅沢にも3Wayを投入するなど、クリーンかつ隙のない仕上がりとなった。ダイハツ、エッセ、フィアット500、FIAT500、アバルト、695トリブートフェラーリ、MKファクトリー

ここに完成した、エッセのフィアット化・第2章。
現仕様をノーマルのアバルトに見立て、次はそれをカスタムする感じでイジったらどうだろう。すでにオーナーの頭の中は、次のネタも考えているというから楽しみである。

EXTERIOR
フロントバンパー:ラントゥギャザー×KLCニコイチ、ワンオフアンダーフラップ
サイドステップ:クラフテック、ワンオフアンダーフラップ
リアバンパー:ラントゥギャザー×アバルト純正ニコイチ
ヘッドライト:ミニカ純正ヘッドライト移植、純正テールスモーク塗装
マフラー:アバルトテール純正移植
ペイント:アバルト595純正グリジオレコード
その他:ラントゥギャザーボンネット

FOOTWORK
ホイール:ワーク エモーションCR2P(F/R6.5J×16・38)
タイヤ:クムホ エクスタ F/R165/40
足まわり:ボルドワールドエアサス(レボⅡ)

INTERIOR
ステアリング:スパルコ
シート:セミバケットシート
ドア内張り/天井:張り替え

製作ショップ>>>MKファクトリー、エルハウス


画像ギャラリー