タービン交換はアタリマエ? 「アルトワークス」最新チューニング事情

カンタンに手に入る100馬力の世界、
“HA36″だから走りも楽しめる♪

スズキを代表する軽自動車、アルト。
なかでも最もホットなモデルとして人気を集めるのが「アルトワークス(HA36)」だ。デビューから3年以上、チューニングも熟成の域となり、いまや100psオーバーもアタリマエなんだとか。そんなHA36のチューニングは、ショップやメーカーによって内容はさまざまなのだが、共通のキーワードだったのがタービン交換。
今回、『KCテクニカ』、『キャドカーズ』、『ニュース』、『アールズ』と、アルトワークス・チューニング界を代表するデモカー4台を紹介。そのチューニング内容とインプレッションをまとめてみた。

 

KC TECHNICA ALTO WORKS(5MT)

RHB31改タービンでアルトワークスレースを席巻

アルトワークス、HA36、チューニングアルトワークスレースで速さと強さをライバルに見せつけ、一時代を築き上げた「KCテクニカ」。
同社にラインナップされるIHI製「RHB31改 GTスポーツタービン」をワンオフでマッチング。前例のないところからのタービン交換にも関わらず、111psを達成した。ユーザー向けには、専用インテークパイプ、アウトレット、ガスケット類をセットにし、無加工で取り付け可能なキット販売を開始。新開発のチューニングECUと組み合わせることで、デモカー同等のパワーを獲得できるようになっている。アルトワークス、HA36、チューニング

インプレッション!!
さすがはチューニングターボとして存在するタービン、RHB31。純正改よりも当然ながらパンチがある。
ターボラグとまでは感じないが、パワーバンドに乗ってからのモリモリとついてくるパワー感は爽快そのもの。ターボらしさを強く主張する一台だった。アルトワークス、HA36、チューニング

KC TECHNICA HA36S ALTO WORKS
タービンKCテクニカスポーツタービンキット
インタークーラーKCテクニカ
CPUKCチューニングECU(書き換え)
冷却KCテクニカラジエター、オイルクーラー
吸気KCテクニカ パワーMAX RS
排気KCテクニカ GTマフラー
タイヤゼスティノ(165/55-15)
ホイールレイズ TE37 SONIC(15inch)
サスペンションKCテクニカシャトルGTS
ブレーキKCテクニカGTブレーキパッド

 

 

CAD CARS ALTO WORKS(5AGS)

セントラルサーキット最速”36100max”キャドチューン

アルトワークス、HA36、チューニングHA36アルトワークス(ターボRS)の85ps仕様”3685メニュー”を展開する「キャドカーズ」。
ライバルが純正ECU書き換えをプッシュするなか、サブコンの「HKS F-CON iS」とEVC(ブーストコントローラー)で、純正ECU書き換えではカバー仕切れない領域を緻密にマッピング。上質な出力特性が特徴だ。
そして、フラッシュエディターの登場以降、サブコンを組み合わせた”max”へと進化。逆にサブコンでは手の届かない範囲をフラッシュエディターが受け持つ究極の制御が完成した。
この”36100max”は純正タービンの”3685″からのステップアップで、100psに対応する36100タービンを搭載したメニューのこと。アルトワークス、HA36、チューニング

インプレッション!!
2ペダルでも100psを可能にする、唯一のAGS車(オートギアシフト)。そのため、100psの加速をアクセル踏みっぱで自動シフトアップしてくれるハイテクぶりには感動。
例えるなら自動車メーカーがつくる100馬力のような、上質かつ平均点の高さを感じた。アルトワークス、HA36、チューニング

CAD CARS HA36S ALTO WORKS(5AGS)
タービン36100タービン
燃料36100燃料ポンプ+リターン
インタークーラーモンスター
CPUHKS F-CON iS、フラッシュエディター
冷却トラストオイルクーラー
吸気CAD CARS オリジナル
排気CAD CARS 和泉管
タイヤDL ディレッツァZⅢ(165/55-15)
ホイールエンケイ(15inch)
サスペンションHKS
ブレーキエンドレス

 

 

News ALTO WORKS5MT)

羊の皮を被った狼は130馬力を叩き出す

アルトワークス、HA36、チューニング36ワークスの馬力競争で我々が知る限りトップクラスに位置する「News(ニュース)」。
スバルのインプレッサクラスが使うIHIの「RHF5タービン」をマッチングさせ、純正ECU書き換えによる制御で130psをマークする。「News」はオリジナルのタービンキットを始め、鍛造ピストンなどのエンジンパーツまで幅広く取りそろえているメーカー。今後はこの130馬力仕様を『N2キット』としてECU書き換えとセットで販売していくようだ。アルトワークス、HA36、チューニング

インプレッション!!
いい意味で爆発的かつ暴力的な加速が味わえる130ps仕様。
ちょっと乗り手を選ぶ恐怖も少々あったものの、ミニコースならば持て余すぐらいのパワーに感激。覚悟を決めてシッカリとハンドルを握りたくなる、まさに男のマシンという印象だった。アルトワークス、HA36、チューニング

News HA36S ALTO WORKS
タービンNews RH5ターボキット
インジェクター300cc
インタークーラーNewsオリジナル
CPUNews書き換え
吸気Newsオリジナル
排気Newsオリジナル
タイヤDL ディレッツァZⅢ(165/55-15)
ホイールレイズ TE37 SONIC(15inch)
サスペンションスピリット
ブレーキアクレ

 

 

【R’s ALTO WORKS(5MT)】

街乗りからタイムアタックまでオールラウンダー仕様

アルトワークス、HA36、チューニング新旧のスズキ・スイフトのチューニングで有名な「R’s」。
得意とするスズキ車でのアドバンテージを活かして、ライバルに先駆け、純正ECUの書き換えROMチューンにいち早く着手。強化ブッシュやエンジントルクダンパーなど、マニアックなパーツも多数ラインアップする。今回は「クローバーターボ」が開発するハイフローターボのテストも兼ね、100ps仕様を試作。ハイパワーにも関わらず連想する過激さはなく、NAのリッターカーのようなトルクでスルスルと走るクルマに仕上がっていた。アルトワークス、HA36、チューニング

インプレッション!!
純正タービンとは比較にならないパワーはあるものの、誰でも運転できる100馬力という印象。すごくマイルドでスムーズといった感触だ。
全体の底上げから来る余裕の走り。「狙い通りです」とはR’sの松野代表。アルトワークス、HA36、チューニング

R’s HA36S ALTO WORKS
タービンCloverTurbo試作品
インジェクター交換予定
インタークーラーR’s テスト品
CPUR’s スーパーロムECUプロ
吸気R’s パワークリーナー、シリコンインテークパイプ
排気R’s タービンアウトレットキャタライザー、レーシングフロントパイプ&センターパイプ、ハイパフォーマンスマフラー
タイヤBS ポテンザRE71R(195/55-15)
ホイールエンケイ(15×6.0J INSET43)
サスペンションR’s ハイパフォーマンスダンパー
ブレーキアクレ R’s仕様、R’s ブレーキホース、スリットローター

 

ちなみに、「100psを生み出すには、なぜタービン交換が必要なのか」について。
ターボはそもそも空気を圧縮して、エンジンへ強制的に送り込む装置。純正タービンから風量をアップさせたハイフローターボに交換することで、より多くの圧縮空気を効率良くエンジンに充填することが可能になり、簡単にパワーアップできるのだ。アルトワークス、HA36、チューニング

 

エンジンパワーのみならず、足回りやブレーキといったトータルバランスが重要。HA36の持つ軽快な走りをさらに磨いて、個々に合わせたチューニングを楽しんでほしい。

 

(レポート:岡田幸一)


画像ギャラリー