「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

ノーマルからのドレスアップよりもオトク?
ローン購入ならばメリットはさらに増える

カスタム好きならば、ノーマル状態からコツコツとイジるのも悪くない。
しかし、手っ取り早く、しかもお手頃な価格でドレスアップカーに乗りたいならば「コンプリートカー」という選択肢はどうだろう。近年、増えてきたカスタマイズカーの新車販売なのだが、まだまだ未知数なところが多い。そんな疑問について『スズキカスタム販売』に解説してもらった。スズキカスタム販売、コンプリートカー

 

指南役はコンプリートカーに力を入れる、『スズキカスタム販売』の辻野サン。ここでは同店の経験・実績をもとに解説する。スズキカスタム販売、コンプリートカー

 

 

Q.1 そもそもコンプリートカーってなに?

スズキカスタム販売、コンプリートカーA.1 例えばクルマを新車で購入した場合、当然ながらノーマル状態で納車される(オプション除く)。
「コンプリートカー」ならば、欲しいパーツが組み込まれた状態でオーナーの元へと届く。パッケージなどの装着するパーツはショップが独自に決め、あとは購入者がベース車のボディカラーやオプションなどを選択して購入するケースが一般的。一方で購入者がひとつずつパーツをセレクトして、自分好みのコンプリートカーを作るという手もある。詳しくは最寄りのショップに相談しよう。

 

【フルノーマルで購入の場合】

スズキカスタム販売、コンプリートカーベースとなるクルマをディーラーで購入。そこからホイールや足まわりを交換するとなると、パーツ代に加えて取り付け費用などの工賃も必要。この工賃がオーナーの負担になることが多い。

【コンプリートカーとして購入の場合】

スズキカスタム販売、コンプリートカー例えば、写真のスズキ・エブリイは「ライドテック」のパーツを中心に、アルミホイール&タイヤ、車検用追加ミラーなどでコーディネートした、新車ベースのコンプリートカー。アライメント調整、取り付け工賃を含めると、ノーマルからイジる場合と比べて約15万円もお得になる。

 

 

Q.2 ベース車の仕様は自由に選べる?

スズキカスタム販売、コンプリートカーA.2 各ショップのホームページや広告に掲載するコンプリートカーは、例としてベース車のグレードを指定しているが、これはあくまでも一例。新車べースならばグレードが選べるし、ボディカラーやメーカーオプションも好みにセレクトできる。
当然ながら合計金額は変動するので、手持ちの予算を考慮して検討したい。

 

 

Q.3 遠方に住んでいるけど購入できるの?

A.3 ひと目惚れしたコンプリートカーを扱うショップがあるのは東京、でも住んでいるのは福岡……。
とはいえ、購入者が別途陸送費用を負担することで遠方への納車も対応しているショップが大半だ。クルマを買う際も直接お店に行く必要はなく、電話やメールで打ち合わせして書類は郵送……という流れ。『スズキカスタム販売』についても全国各地に納車経験がある。
まずはお店が全国納車に対応しているか確認しよう。

 

 

Q.4 好きなパーツをつけることは可能?

スズキカスタム販売、コンプリートカーA.4 車検対応パーツならば大丈夫。例えばコンプリートカーのパッケージに含まれるホイールを、別のモデルに変更可能だ。なかには無料で変更できたり、差額を支払わなければならない場合もあるため、あらかじめお店に確認したい。
また、欲しいパーツのメーカー自体を扱ってないケースもあるので、そのあたりも注意しておきたいところだ。

 

 

Q.5 アフターサポートは大丈夫なの?

スズキカスタム販売、コンプリートカーA.5 点検や修理、車検などのサポートは、コンプリートカーを購入したお店で行なってくれる。また、クルマを買ったお店が遠方ならば、近くのディーラーにクルマを持ち込んでメンテナンスを依頼できるシステムを取っているところが多い。しかしクルマを買った後に車検非対応のパーツを装着するなど、仕様によってはディーラーへの入庫を断られる場合もあるため気を付けよう。

 

Q.6 他にはどんなメリットがあるの?

スズキカスタム販売、コンプリートカーショップによって異なるが、パーツを大量に仕入れて単価を下げたり、パーツをまとめて塗装&取り付けできるためにコストを抑えられる。また、ベース車も大量に仕入れることで大幅な値引きも期待できる。
また、ローンで購入する場合は、車輌とパーツ代をひとまとめにできるのも魅力。『スズキカスタム販売』のケースならば、車両本体は3.9%(新車の場合)と低金利。一般的にパーツのローンは10%を超えるため、車両ローンとまとめて組めるのはメリットといえる。
また、決算期などの時期に低金利キャンペーンを行なっているところも。ローンでクルマを買おうと思っている人は、気になっているショップの動向をチェックするのも良いだろう。

 

取材協力:スズキカスタム販売 TEL042-513-0613
http://nextstage.tokyo.jp


画像ギャラリー