ネクセンスタッドレス「WINGUARD ice2」 日本の雪道を制する3つの新技術を搭載

ネクセンスタッドレス「WINGUARD ice2」 日本の雪道を制する3つの新技術を搭載

3つの新技術で「効く、止まる、曲がる」
ドライ路面も考慮したコンパウンドを採用

ネクセンタイヤジャパンではアイス性能を重視した、乗用車用スタッドレスタイヤ「WINGUARD ice2」
(ウインガードアイス2)を2018年9月1日から発売開始。13インチから18インチの合計34サイズをラインアップする。価格はオープン。NEXEN TIRE,氷上置き NEXEN TIRE,ロゴネクセンタイヤジャパンから新登場した「WINGUARD ice2」は、3つの新技術を採用することで日本のアイス路面にしっかり対応するスタッドレスタイヤだ。
新開発の「アドバンスド・ソフトコンパウンド」は低温域でも柔軟性を失わず、高温域でゴムの剛性を保つ特性を持っている。このコンパウンドによって氷雪路でのブレーキング性能を向上させているという。そしてサイプ同士がかみ合うことでブロックの倒れ込みを防ぎ、ブロック剛性を確保する「3Dサイプ」を採用。接地面が安定し、氷雪路での走行安定性とハンドリングの向上を図っている。3つ目の新技術は「非対称トレッドパターン」だ。イン側に雪上でトラクション性能を実現する横溝、アウト側に剛性の高いブロックを採用することによって、優れたコーナリング性能とグリップ力を発揮する。

世界中で販売されているWINGUARDシリーズで得られたノウハウを惜しみなく投入した「WINGUARD ice2」。日本のユーザーの高い要求にこたえられる仕上がりとなっている。

WINGUARD ice2
□価格:オープン
□発売サイズ:145/80R13~225/40R18

ネクセンタイヤジャパンお客様相談室 TEL:03-6435-4921
http://www.nexentirejp.com


画像ギャラリー